読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の乾燥に加湿空気清浄機が超おすすめ!

お役立ち

スポンサーリンク

冬の悩ましい乾燥。加湿器を置いて、空気清浄機も置くと、結構幅をとられます。そこでおすすめしたいのが、加湿空気清浄機です。最近ではすっかりスタンダードですが、買い替えていない方は馴染みがないかもしれません。


僕が使っているのはこちら。



f:id:ikashiya:20161113000441j:plain


このように、湿度が表示されており、これが乾燥して低い数字になりますと、モードによって自動で加湿してくれます。寝ている時に乾燥してきても安心ですし、加湿しすぎることもありません。加湿といったら、水蒸気がもくもくと出るのを想像される方も多いと思いますが、こちらは普通の空気清浄の挙動と変わりなく加湿してくれます。なので加湿器の近くのものが湿気る心配もありません。


加湿を判断する湿度センサーに加え、ホコリセンサー・ニオイセンサー・温度センサー・照度センサーの5つを兼ね備えています。花粉やホコリ、PM2.5、匂いを感知して、早急に空気清浄を始めます。出かけるときや、寝る時に電気を消すと、静かに運転するようになります。除湿はできませんが、梅雨の時期にはニオイやカビを抑える「梅雨モード」もあります。


遠くでアルコールを使ったり、鉄のフライパンを加熱しても反応しますので、感度は良好です。汚い話ですが、おならでも即反応します(笑)。


ボタンはこのようになっていて、機能を使わけできます。


f:id:ikashiya:20161113003248j:plain


先ほどの湿度の部分は、温度や電気料金に表示変更することができます。


f:id:ikashiya:20161113003213j:plain

f:id:ikashiya:20161113003203j:plain


静かな状態なら24時間稼働させていても3円です。


加湿器を使わない時期、タンクにカビが生えるかも、とご心配の方もいると思いますが、夏の間放っておいても、カビは生えませんでした。途中で何度か状態を確認はしましたし、加湿機能を使う前に清掃はしましたけどね。なぜカビが生えづらいのかというと、タンクチャップにAg+イオンカートリッジが装着されているからです。



こちらは1年に1回の交換が推奨されています。あまり使わなければ、2年くらい使えます。ちなみに集塵フィルター、脱臭フィルター、加湿フィルターの交換は、通常の使用で10年に1回です。


僕は去年購入し、使いはじめて2年目です。もうこの型は旧モデルで、新しいのが出ているようです。



僕が使っているのは~15畳、こちらは~13畳用なので、リビングにはちょうどいいモデルです。僕の部屋はそんなに広くないですがね。もう少しお安めのも出ています。2016年11月現在、一番売れているのは以下のモデルのようです。



こちらも新しいモデルは出ていますが、機能は遜色ないですし、型落ちゆえの価格の安さから、売れているのでしょうね。パワーや感度が違うものが、数多く出ていますので、「加湿空気清浄機」で検索して、部屋の広さや目的に応じて購入するのがよいと思います。どれを見ても上々のレビューが書かれていますし、なにより2年使ってみて、僕自身大変満足しています。冬の乾燥に悩まれている方は、是非見当してみてはいかがでしょうか。