新玉ねぎを美味しく食べるためのおすすめレシピ集



スポンサーリンク

新玉ねぎの季節ですね。


辛味が少ないので普通のたまねぎより生で食べるのに向いています。


とても美味しいので、普通のたまねぎより値が張っても新玉ねぎの方を買っちゃいます。


そんな新玉ねぎを美味しく食べるためのおすすめレシピを紹介したいと思います。


クックパッドのリンクでの紹介ですが、いずれも作ってみて美味しかったものを載せていますので、是非お試しください。


基本的なことですが、味付けに関しては必ず味見をしてください!レシピの分量を過信するのは禁物です。(ここまでテンプレ笑)


f:id:ikashiya:20170717232138j:plain


新玉ねぎを使ったおすすめのレシピ


シンプル

cookpad.com

cookpad.com

新玉ねぎを丸ごとレンジで蒸した定番レシピ。

とっても甘くトロトロになって、調味料やトッピングを変えれば何度でも楽しめます。


cookpad.com

こちらもシンプルですが、新玉ねぎのポテンシャルのなせるわざ。


サラダ

cookpad.com

cookpad.com

辛みが少ないゆえに、その実力はサラダでも遺憾なく発揮されます。

ごま油で中華風に仕上げるか、オリーブオイルで爽やかに仕上げるか。

トマトとも相性抜群、お好きなドレッシングをかけるだけでも美味しくいただけます。


甘さを引き立たせる

cookpad.com

新玉ねぎの甘さと豚ばら肉の脂の甘さの相乗効果。

具材から旨味がたっぷりと出るので、味付けは醤油だけでも十分です。

歯切れがよく、とろけていきます。


cookpad.com

ポテトサラダも、新玉ねぎと新じゃがを使うことによっていつもよりワンランク上の味わいに。

冷ましても美味しいですが、こちらは温かいうちに食べてもらいたい一品です。


cookpad.com

パスタの具材としても、通常の玉ねぎよりも格段に馴染みが良くなります。

それだけでなく、玉ねぎ自体も味付けの一端を担ってくれます。


のせて美味しい

cookpad.com

cookpad.com

刺し身や冷奴をはじめ、生で食べるものの上にのせていただくのも良いですね。

薬味のような役割になるのに加えて、さっぱり感が増し、臭みも和らげてくれます。

どんな調味料にでも合うということも、玉ねぎの強みですね。


ドレッシング

cookpad.com

cookpad.com

和・洋・中どれにでも活用でき、オイル系に合うだけでなく、味気が無くなり塩気に頼りがちのノンオイルにおいても良い役割を果たしてくれます。

調味料の比率や配合を変えて自分なりのドレッシングを是非。


新玉ねぎの栄養

栄養は普通の玉ねぎと変わらず、ビタミンB1硫化アリルなどの栄養素が含まれています。


ビタミンB1は炭水化物をエネルギーとして分解するのに必要な栄養素で、そのエネルギーが脳神経を活発にしてくれます。


硫化アリルはビタミンB1の吸収を助けてくれます。


前述のとおり、新玉ねぎと普通のたまねぎの栄養の違いはありませんが、どちらがより栄養素を摂取できるかというと、新玉ねぎに軍配があがります。


なぜかというと、上記のビタミンB1水溶性で熱に弱く、水にさらしたり、加熱すると失われてしまいます


生のままでは辛味が強く、水にさらしたり、よく炒めたりする機会が多い普通の玉ねぎよりは、辛味が少なく、生食に向いている新玉ねぎのほうが、結果的により多くの栄養素を摂取することができる機会が増えるのです。


かといって、生食でしか食べないのはもったいないです。


料理は美味しく食べてなんぼですから、特色を生かして様々な調理方法でいただきたいものです。