読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解釈で天皇と政治を遠ざける本末転倒感


スポンサーリンク

天皇陛下のおことば


象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば:象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) - 宮内庁


象徴としてのお務めについて、天皇陛下のおことばが公開された。生前退位などを巡って、「天皇と政治」の話題をよく耳にする。天皇陛下のおことばを機に法律を変えることになると、これは政治への関与だ、だから国民に向けたおことばであり、これを受けてすぐに政治的な動きがあるのはまずい、と。なんだかへんてこではないか。


解釈で天皇と政治を遠ざける本末転倒感


今回のおことばを受け取るのであれば、真っ先に生前退位や太上天皇、天皇のあり方などの議論が国民から起こり、これを受けて「政治的」にも議論になるべきだ。しかし直接的に受け取って政治と関連付けてしまうと、法律上ばつが悪いとみなされかねない。しかしおことばによって、自然に発生してもよいはずの天皇を巡る議論が滞るのは「政治的」ではないのか。


非常にデリケートな問題であり、果てしない総重量の重い腰を上げなければならず、かつ繊細な配慮が必要なのはわかる。だからこそ、早いうちから動くべきではないか。天皇と政治を遠ざけることが重要なのではない。目的は権威と権力を分けることであり、その一方にほつれがあるのならば、修繕に尽力すべきである。旧態依然、手段に固執しては本末転倒ではないか。