袋ラーメンを駆使して野菜不足を解消しよう!



スポンサーリンク

野菜1日350gが推奨されていますが、自炊でも中々難しいという方が多いのではないでしょうか。特に男性の一人暮らしでは、慢性的な野菜不足になりがちです。そこで、野菜不足を打破する第一歩として、袋ラーメンを提案します。袋ラーメンを駆使すれば、慢性的な野菜不足を解消できます!


ご飯はカップラーメンだけで済ましてしまうという話を良く聞きますが、カップラーメンを袋ラーメンにして、野菜をトッピングしましょう。キャベツやもやしなどが手軽でいいですね。


f:id:ikashiya:20160821110611j:plain


もやしを袋半分とキャベツを大きく一掴みで実に300g!スープと一緒に煮込めば味付けいらずでかさも減ります。ゆで卵もトッピングすると、炭水化物+野菜+タンパク質で、かなりマシな栄養バランスで食事ができますね。


f:id:ikashiya:20160821112913j:plain


かさが減るといっても300gは多すぎましたね(笑)。のりきらないので取り分けています。袋ラーメン1袋+キャベツともやし300g+ゆで卵2個分でちょうど大食いでない成人男性のお腹がいっぱいになるくらいです。300gとは言わずとも、100gからでも大きな一歩だと思います。カップラーメンを待つ3分を、きゃべつを切るか手でちぎり、もやしと一緒に洗って、一緒に煮込むのに使うだけです。野菜不足だけど料理できないし、結局インスタントラーメンだという方は是非。


飽きてきたら、野菜のトッピングをナムルにするなどトッピング別で工夫もできます。そうなると料理の楽しさが見えてくると思います。野菜不足解消のきっかけとして、袋ラーメンに野菜を入れてみてはいかがでしょうか。