5年後の自分へ、まだ中二病ですか?



スポンサーリンク

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary


5年後の自分に、今の自分から一方的に伝えたいことは特にありません。心配していないですし、変わらず好きにやってるでしょう。記録は残してありますし、いつでも省みることが出来ます。なので本当に与太話。「最近こんな料理を作ったよ」と伝えて、5年後の僕は、「じゃあ今日はそれにしようか」くらいの、こんなのがいいなあ。「今こんな本を読んでいて、こんなところが面白いんだ」と聞けば、「読み返してみよう、今ならどう感じられるのか」と本を引っ張り出して読む。


実際に成人式で帰省した時に開けたタイムカプセルには、そのようなことが書いてありました。なんて本読んでんの、小学生の僕(笑)。面白かったわ。



一方的でなくて、話が出来るならば、こちらはもう話したいことが山ほどあります。今の自分と未来の自分は、ほとんど別人と言ってもいいくらい違う価値観を持っているでしょうから、どちらにとっても良い刺激になると思います。未来の僕は過去の価値観から気付くことがあり、今の僕は未来の自分から、先進した情報を背景とした価値観を共有して思考を飛躍させる。そんな今の自分から新たな見地を見いだす未来の僕。そんな未来の自分から過去の僕は・・・。仙人になっちゃうっ(笑)。


5年後に何をやっているかは想像もつかないですし、想像がついちゃうような生き方はしたくありません。・・・。さてはおまえ、小学生からずっと中二病のまんまだな!?跪けば、汝に従わん・・・!ずっと中二病でいたいな。