ホース・マット無し布団乾燥機がおすすめ!温かい布団で毎日眠れる幸せ(梅雨のじめじめにも◎)



スポンサーリンク

日を増すごとに寒くなってまいりまして、眠ろうと布団入っても、足元の寒さについつい丸くなって眠ってしまう方も多いのではないでしょうか。願わくば温かい布団で、足を伸ばして寝たいところ・・・。そんな方には、ホース・マット無しふとん乾燥機がおすすめです!



我が家で使っているのがこちら。今年で3年目です。


f:id:ikashiya:20161112015614j:plain


こんな風にボタンが並んでおります。


・「標準」「送風仕上げ」「エコ」 コース
「標準」は、その名の通り、普通に布団を乾燥させるコースで、「送風仕上げ」は「標準」の後、15分間送風を行って、ふとんの温度を下げるコースです。夏場は「送風仕上げ」を重宝します。「エコ」は室温に応じた運転時間を、室温センサーにより察知し、電気代を節約するコースです。こちらはあまり使用しません。


・「あたため」コース
寒くなってきたら、寝る30分まえに「あたため」を使用します。すると寝る頃には布団は暖かくなっています。しかもふかふかになるので嬉しいコースです。


・「ダニ対策」コース
天気が良くなくて、外干し出来ない日が続いた時でも安心!ダニが死ぬ温度で布団をあたため、ダニは熱のない方に逃げますので、方向を変えてダニ対策を行っていきます。もちろん全てが死ぬわけではないですが、あるのとないのとでは、大きな違いがありますね。


加えておまかせではなく、マニュアルでも温風・送風と時間を決めて運転することができます。また布団検知センサーもついており、本体に布団が被さると運転が中止するようにできていますので、変に条件が重なって火災につながることも防いでくれます。


またホース・マット無しなので、全く手間がかかりません。布団に差し込んで、ボタンを押すだけ!本当にそれだけで、全体に行き渡ります。


f:id:ikashiya:20161112015601j:plain


これが・・・。


f:id:ikashiya:20161112015557j:plain


こうなります。障害物があると風が通れないため、布団は真っ平に敷く必要がありますが、ちゃんと温まりますし、乾燥してくれます。また毛布+布団の組み合わせでも、毛布と布団の間に差し込んであたためると、寝る時にちょうど良い温度になります。毛布とマットレスを乾燥させたい場合は、上の布団を避ければいいですし、自在に対応できます。


またホース・マットがないので、靴や洗濯物を乾燥にも使用できます。ですが正直、使ってみると洗濯物の乾燥は扇風機のほうが効果があるので、おすすめしません。靴やブーツは扇風機ではやりにくいので、こちらを使うのはおすすめです。他のくわしい機能などは、メーカーのページをご参照ください!形状もわかりやすいと思います。


www.zojirushi.co.jp


新しいモデルも出ているようですね。少しお安めです。



他のメーカーさんからも同じような商品が出ているようです。特性やレビューなどを吟味して、いいと思ったのをお選びください。こちらの2つもマットはないですが、ホースはあるようです。でも手間としてはそんなに変わらない短さですね。



冬に向けてだけでなく、梅雨や秋雨でじめじめが続く、6月や9月にも活躍してくれます。部屋干しが多くなると、布団は湿気りやすいですからね。毎日これを使って乾燥させることで、ふとんはじめじめせずにふかふかになります。


本体もコンパクトですし、ホースもマットも使わずに、手間がかからず毎日温かいお布団で眠れて、雨が続いてじめじめする時期にも活躍してくれる布団乾燥機。ご家族がいる方はもちろんですが、一人暮らしの方こそ重宝すると思います。主婦の方はこういうの、アンテナ張ってそうですしね。毎日冷たい布団で眠っているそこのあなた!ホース・マット無しの布団乾燥機を導入してみてはいかがでしょうか。