読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未練にあむ・らぶ

雑記

スポンサーリンク

今週のお題「恋バナ」


書くのちょっと恥ずかしいなと思いつつ、すごい個人的でどうでもいい恋バナ。バレンタインも近いし、チョコの記事ばっかり書いてるしね(笑)。


f:id:ikashiya:20170124000916j:plain


時は小学生。小学6年生の頃、毎日のように遊んでいる女の子がいました。男女混合のグループだったんですけれど、当時流行っていたニンテンドーDSで、どうぶつの森とか、ぷよぷよとか、ボンバーマンとか、ゲームをしたり、もちろん外で遊んだり。学校から帰ったら毎日誰かしらの家に行って、5時のチャイムが鳴るまで遊ぶ日々でした。年頃の男女が集まって恋心が芽生えないわけがなく、あちらこちらで矢印が交差していた気がします。みんな、言わないですが。


水面下で、何人かと手紙のやり取りをしていました。ラブレターです。ラヴレター。はい下唇を噛んで、ラヴ。直接好きだと言ってくれる子もいれば、探りをかけてくる子もいます。ずっと均衡がとれていたんですが、ある日火蓋を切ったのは僕でした。


僕はとある子が好きで、その子に探りをいれていました。「どんな子が好き?あいつは違う?こいつは?」そして、向こうも。やり取りを続けていくうちに、どんどん絞られていって、どうやらこれは両想いらしいぞと。ここまで半年ほどかかりました。確信を得たところで、告白に踏み切りました。結果は・・・。


f:id:ikashiya:20170124000919j:plain


成立!晴れて付き合うことになりました。6年生の冬休み直前、人生2人目の彼女でした。


ですが冬休みに入り、お互い用事が重なり、向こうは中学受験も控えていたので、全然会えませんでした。そういえば、好きな人が違う中学校行ったらどうする?とか手紙に書いてあったなあ。小さい学校で、中学受験はその子だけだったから、その時に気付いてもいいもんだけれど、にぶちんだなあ。年賀状のやり取りでほっこりしたくらいで、会えなく敢え無く始業式。


その後もあまり遊べない日々が続き、その後突然、別れを告げられました。1ヶ月。当時はすごく混乱して、何が原因なんだろうと一晩中悩みに悩みました。そして話し合うことができないまま、別かれてしまいました。ああ、聞けばいいだけだったのに。混乱に混乱し、悩みに悩んで、自分に原因があると思いこんで、話すという選択肢が見えなくなってしまいました。話せないまま時は過ぎて卒業。


結局その子は同じ中学へ進学したのですが、思春期真っただ中の僕達、いまさら話すこともできないまま、時間は過ぎてしまいました。


人生に後悔はあるか。過去に戻れるならいつに戻りたいか。こういった問いに、僕はいつも、「後悔はないし、過去に戻りたいとも思わない。その時その時でちゃんと考えて選択したし、だからこそ今がある。」と答えてきました。嘘偽りはありません。あの恋をのぞいては。


ほとんど人に言ったことはないですが本当のことを言えば、人生に後悔はあるかと聞かれれば、あの頃理由を聞けなかったことだし、過去に戻れるならいつに戻りたいかと聞かれれば、小学6年生だと答えます。その後なんにんも人を好きになりましたが、僕の中では特別な2人のうちの1人です。ああ、恥ずかしい。


そして今でも、聞けずにいます。成人式で地元に帰った時、聞こうと思っていました。でも同窓会に彼女の顔はなく、成人式では顔を見ましたが、その勇気はでませんでした。僕の頭の中には、ずっとスキマスイッチの『ガラナ』が流れていました。


www.youtube.com


出来るなら苦労はしねぇ。実際そうはいかんよ。君を前にしちゃきっと固まってる・・・固まってました。一歩前に踏み出せず、情けないぜ、何してんだ。いやあ、結構思い切りはいいほうで、いつもなら、他の人になら、どんなに恥ずかしいようなことだって出来るんだけどなあ。


家も近いし、連絡先はいくらでも知人が知っている。聞こうと思えば、いつでも聞ける。小学6年生からもう10年。いまだに聞けない。いつか聞けるんだろうか。もう自分から一歩前に踏み出さなければ、一生会えないかもしれない。そんな、自分でも驚く自分の一面、特例、 エクセプション、イレギュラー。未練。未練にあむ・らぶ。ミレニアム・ラブ。いいや、下唇を噛んで、未練にあむ・ラヴ。


f:id:ikashiya:20170124004734j:plain