新しく始めたいこと:語学強化年間


スポンサーリンク

今週のお題「新しく始めたいこと」


やりたいことが多き人生でございます。能動的な時間の足りなさは、嬉しい悲鳴でございます。今週のお題が「新しく始めたいこと」ということで、年始に陶芸とダイビングを挙げましたので、それ意外で最近、沸々とわいている「始めたいこと」について。


それというのは、語学でございます。ま、「新しく」ではないんですけれど、初心に立ち返りという意味で、お許し願おうという魂胆です。というのも、旺盛な好奇心ゆえに何かとかじりたがります。これも面白そう、あれも面白そうと、色んな学問をかじっては放置しています。語学も例外ではなく、ドイツ語・イタリア語・ロシア語が日常会話レベルの読み書きで止まっています。語学かじり虫です。


加えて最近はフランス語とラテン語をちょこちょこっと歯型をつけはじめていたのですが、どれも中途半端ではなく、それなりに会得したいなと思うようになりました。それで、「始めたいこと」です。ここにこの1年を「語学強化年間」とすることを宣言いたします。


勝手に宣言しただけで、特に報告したりとかはないんですが(笑)。情勢が落ち着いたら海外旅行に行こうと思っているので、その国の言葉を中心に、強化していければと思っています。そこで1つ、何で勉強するかが問題です。


f:id:ikashiya:20170213014340j:plain


紙の教科書で勉強するのか、インターネットを使って勉強するのか。オンラインか、オフラインか。今は様々な方法がありますね。最近ですと東京大学のeラーニングサービスが話題になりました。


リンク:Log into your UTokyo English Academia Account | UTokyo English Academia


少しやってみたのですが、表現もわかりやすくて良さげでした。英語の鍛錬というよりは、使い方の練習になると思います。あと大学のeラーニングサービスだと、東京外国語大学言語モジュールが「かじりやすく」ていいですね(笑)。発音と初歩的な文法だけ図書館で借りた本で確認して、ここでちょこちょこっと勉強すると、語学かじり虫になれます(笑)。


リンク:東外大言語モジュール


このように、僕は紙媒体+インターネット媒体での学習が好きです。紙媒体は情報がまとまっており、順序付けて基礎的な学習ができます。インターネット媒体では、視覚的聴覚的なアプローチから、オンラインなど実践的な学習もできますので、両者をうまく使って、語学強化年間に臨みたいと思います。気ままに、やっていこうではないか。