男女の友情についての持論「恋愛感情と友情は同居してもいい」



スポンサーリンク

男女の友情は成立するか


定期的に湧き上がるこの議論は、その度に「ケース・バイ・ケース」と結論付けられて終息を迎えます。お互いが恋愛対象でなければとか、そもそも友情とはなんだとか、色んな意見が行き交いますが、僕の雑感をゆるーく、ちょこっと。


f:id:ikashiya:20170519234013j:plain


僕は男女間の友情は成立する派です。だっているもの。かといって、恋愛対象じゃないわけでもなければ、性的な魅力を感じないわけでもありません。もっと言えば下心だってないわけではありません。でもいいじゃない、恋愛感情と友情の同居しても、というのが僕の持論です。


同性同士の友情だって見えざる都合とか、「友達だけど〇〇が」あると思います。100%ピュアな、フラットな友情、いわば親友って数えるほどしかいないはずです。男女の友情もその範疇で、「友達だけど恋愛感情がある」みたいな都合があってもいいと思います。LGBTsの話をするともっと分かりやすく?分かりにくく?なりますよね。同性愛者の同性への友情はどうだとか、同性愛者の異性への友情はどうだとか、もはやこの議論がナンセンスとの結論になりますが・・・。いやそうなんですよ。恋愛感情と友情は同居してもいいというよりは、友情は友情でいいじゃないですか、他に都合はあるでしょうけれど、という感じです。ま、詭弁ですけれど。詭弁続きます。


友情と恋愛って、延長線上にあるように語られることもあれば、まったく性質が違うもののように語られることもありますよね。友達以上恋人未満とか。こと男女間・・・恋愛対象間において友情と恋愛は、果たしてグラデーションなのでしょうか。恐らく違って、恋愛の助走期間と友情が重なっているだけだと思います。恋愛感情が顕現してきたら重なっていた友情が消えるかというと、それこそケース・バイ・ケースで、ザ・恋人同士って付き合い方をする人もいれば、友達みたいに付き合っている人もいますよね。そんな感じです(面倒くさくなってきた)。


男女だからって友情が成立するかしないかってナンセンスな話で、友情は確かにあって恋愛感情も同居してもいいんじゃないかって話でした。みなさんはどうお考えでしょうか。