読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華やか!りんごのアップサイドダウンケーキのレシピ!


スポンサーリンク

アップサイドダウン・・・ひっくり返して、なんて名前がついたケーキ、アップサイドダウンケーキ。超簡単とまではいきませんが、労力の割には華やかに出来上がります。今回はそんな、りんごのアップサイドダウンケーキのレシピを記そうと思います!


f:id:ikashiya:20170223000522j:plain

f:id:ikashiya:20170223000525j:plain

f:id:ikashiya:20170223000528j:plain

りんごのアップサイドダウンケーキのレシピ


材料


キャラメルりんご
・りんご 1個
・グラニュー糖 40g
・水 10g
・バター 10g


ジェノワーズ(15cm丸型)
・全卵 2個
・グラニュー糖 80g
・薄力粉 75g
・ベーキングパウダー 2g(小さじ1/2)
・溶かしバター 30g
・サラダ油 30g


15cm丸型の分量です。18cmの場合は1.5倍、21cmの場合は2倍にしてください。キャラメルりんごを敷いて、その上にジェノワーズを流し、焼いてひっくり返すとキャラメルりんごが上に乗ったスポンジケーキの出来上がりという構成です。



型紙に隙間があると焼きムラになるだけでなく、型紙とキャラメルがくっついて外しにくくなるので、出来るだけ隙間ができないように敷くのをおすすめします。


作り方


キャラメルりんごを作る


1. りんごの皮を剥いて芯を取り、3~5mmの厚さにスライスする
2. フライパンにグラニュー糖・水を入れて中火にかけ、カラメルを作る
3. ふつふつしてきて、段々と茶色いカラメル色に色付いてくる
4. 時々フライパンをまわして全体がカラメル色になったらりんごを入れてカラメルを絡める
5. りんごが少し透明になってしんなりしたらバターを加える
6. りんごから水分が出て、バターを加えると煮るような状態になるので、水分がほぼ無くなるまで煮る
7. オーブン用シートを敷いた丸型にキャラメルりんごを放射状に並べる
8. 芯側が上に乗るようにすると、ひっくり返した時に丸い部分が表面にでてきれいにみえる


f:id:ikashiya:20170223000515j:plain

f:id:ikashiya:20170223000516j:plain


りんごが小さめなら真ん中から徐々に外へ、大きめなら周りから花のように並べて、中心に残ったものを詰めるように並べるときれいに見えます。


ジェノワーズ生地を作る


1. ボウルに全卵をほぐしてグラニュー糖を加えて少し混ぜる
2. 混ぜながら40~50℃の湯煎にかけ、35℃強の人肌程度に温める
3. 温まったら湯煎から外して、ハンドミキサーで泡立てる(同時にバター・サラダ油を湯煎にかける)
4. 生地が白っぽくなりもったりとし、生地の高さが2倍ほどになってリボン状に落ちるようになったら低速でキメを整える
5. 薄力粉・ベーキングパウダーをふるい入れ、ボウルを回しながら「の」の字を書くように底からすくい上げてさっくりと混ぜる
6. 粉っぽさがなくなったら、温めたバター・サラダ油に生地をヘラで2すくいほど入れてよく混ぜる
7. 混ざったら生地に戻して、同様にさっくり混ぜ合わせる


f:id:ikashiya:20170223000517j:plain

f:id:ikashiya:20170223000518j:plain


ジェノワーズ(共立て)のスポンジケーキ生地を作っていきます。グラニュー糖を加えておいておくとグラニュー糖が卵の水分を吸ってかたまるので、先に卵を溶いてから入れて、すぐに混ぜ合わせます。湯煎でしっかり温度をあげてグラニュー糖も溶かし、人肌で湯煎から外します。


最初は高速で空気を含ませるように、生地の高さが2倍ほどになるまで泡立てます。そのままでは気泡が大きくムラがあるので、低速で気泡を細かく整えていきます。粉類を入れて切るようにさっくり混ぜ、混ざりやすいように油に生地の一部を入れて馴染ませて(犠牲生地)、生地に戻してよく乳化させます。


この後型に流すのですが、流した際に生地が折りたたまれるように落ちるくらいならOKです。


焼成


1. りんごを敷いた型に流し入れ、底をひっかかないように竹串でぐるぐると混ぜて生地を均一にする
2. 170℃に予熱したオーブンで40~45分焼く
3. 竹串をさして生地がついてこなければ焼き上がり!
4. 粗熱をとって型からひっくり返して出し、オーブン用シートを外す
5. お好みで粉砂糖をふりかけて完成!

f:id:ikashiya:20170223000519j:plain

f:id:ikashiya:20170223000530j:plain

f:id:ikashiya:20170223000529j:plain


ボウルの底の生地は膨らみが悪いので、生地を流した後、竹串で混ぜますが、底にはりんごが敷いてありますのでひっかかないように注意してくださいね。僕のオーブンでは43分で焼き上がりました。


f:id:ikashiya:20170223000532j:plain

f:id:ikashiya:20170223000533j:plain


粉砂糖をふるとこんな感じ。よりりんごの重なりが顕著になります。


そのままでも美味しいようにと少し油多め、砂糖多めで作ったジェノワーズに、ソースのような役割のキャラメルりんごが美味しいアップサイドダウンケーキです。キャラメルりんごを作って並べるのに少し手間がかかりますが、ジェノワーズ自体はオーブンに入れるまで10分もかかりません(慣れもあります)。焼成後のデコレーションをせずとも華やかですし、おやつに出てくるとちょっと嬉しいアップサイドダウンケーキ、ぜひ作ってみて下さい!