読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本のジェノワーズ(共立て)、スポンジケーキのレシピ!

レシピ レシピ-お菓子・スイーツ

スポンサーリンク

誰かの誕生日に、さっとケーキが焼けたらいいですよね。そうでなくても日常的に、ケーキ屋さんで買わなくても美味しいショートケーキなどが家で好きな時に食べられるのは、とっても幸せです。人によっては難しいイメージがあるかも?なスポンジケーキ。今回はジェノワーズ(共立て)で作るスポンジケーキのレシピを記そうと思います!


材料


15cm丸型
・全卵 2個
・グラニュー糖 60g
・薄力粉 65g
・サラダ油 20g
・牛乳or豆乳 18g


18cm丸型
・全卵 3個
・グラニュー糖 90g
・薄力粉 97g
・サラダ油 30g
・牛乳or豆乳 27g


21cm丸型
・全卵 4個
・グラニュー糖 120g
・薄力粉 130g
・サラダ油 40g
・牛乳or豆乳 36g


お持ちの型で、18cm丸型は15cm丸型の1.5倍、21cm丸型は15cm丸型の2倍の分量です。サラダ油は太白胡麻油があれば油臭さがない美味しいジェノワーズが焼けます。バターを使うと風味はいいですが、バターは常温でかたまるので、食感はサラダ油を使った方に軍配があがります。お好みで使い分けたり、バターとサラダ油を半々にするなど、好みに合わせて工夫してみてください。



作り方


1. ボウルに卵を溶き、グラニュー糖を加えて混ぜる
2. 混ぜながら湯煎にかけ、40℃まで温める
3. 温まったら湯煎からはずし、高速で泡立てていく
4. リュバン状―生地がリボン状を垂れて重なるくらいまで泡立てる
5. もったりリュバン状になったら低速でキメを整える
6. 薄力粉をふるい入れ、切るように「の」の字を書いて底からすくい上げ、同時にボウルを持つ手もまわしてさっくりと混ぜ合わせていく

f:id:ikashiya:20170405000633j:plain

f:id:ikashiya:20170405000634j:plain

f:id:ikashiya:20170405000635j:plain


湯煎にかけながら、グラニュー糖を溶かします。温度計ではかるのがいいですが、目安は指を入れてちょっと熱いかなっていうくらいです。ご自宅のお風呂の温度を参考にしてみてください(笑)。


どのくらい泡立てていいか分からない~という方は、比重をはかるのをおすすめします。比重とは100mlあたりの重さで、100mlの容器があればそれで、なければお手頃なコップを用意していただいて、空の状態と水を満杯まで入れた状態の重さをはかって、差を求めるとそれが容量になりますので参考にしていただいて。その容器に生地を入れて空の状態との差を求め、100mlあたりの重さになるように、例えば180mlの容器でしたら1.8で割って、比重を求めます。


卵を泡立てる時、この比重が25g/100ml程度だとOKです。30g/100mlあたりになる場合は、まだ泡立て不足ということです。いつも失敗したり、成功したり失敗したりするという方は、生地の状態にムラがあるということなので、慣れるまで比重をはかるのをおすすめします。


最後は低速でキメを整えてあげると、焼き上がりに気泡が入らず、キメ細かい生地に焼きあがります。焼きあがって切ってみると気泡がいっぱい!という場合は、この作業をしていないことが考えられます。


7. 粉っぽさがなくなって、粉が馴染んだら温めたサラダ油・牛乳or豆乳をヘラにあてながらまわし入れ、どうようにさっくりと混ぜ合わせる
8. 最短の手数で混ぜるように意識し、生地が一様になったらオーブン用シートを敷いた型に流し入れる
9. 竹串で数周ぐるぐると混ぜ、170℃に予熱したオーブンで20分焼く
10. 焼きあがったら数回台に落として蒸気を抜いて冷まして完成!

f:id:ikashiya:20170405000636j:plain

f:id:ikashiya:20170405000637j:plain


薄力粉・サラダ油・牛乳or豆乳を入れてから、最短の手数を意識して混ぜ合わせます。練らないように、切るようにさっくりと混ぜ合わせていきます。混ぜすぎると、泡が潰れるということなので、100mlあたりの重さがどんどん重くなるので、先程の比重が上がるということになります。最後型に流す前の生地の比重は、40~45g/100mlくらいならOKです。この配合なら45g/100mlくらいまで上げても大丈夫です。40g/100ml以下の場合は、少しずつ混ぜて40g/100mlくらいになるようにしてください。軽すぎても、焼き上がりの生地が不均一になったり気泡が入ったりします。ふわふわ←40g~45g→しっとりのイメージで、この範囲を外れるともう美味しくないので、ご注意ください。


ボウルに接している生地は状態が悪いので、竹串でぐるぐる混ぜて一様にしてあげます。竹串の先でオーブン用シートを引っかかないようにはご注意くださいね。混ぜすぎるとここでも比重があがるので、数周ぐるぐるして焼きます。卵を泡立てる際にきちんとキメを整えていると、この状態で気泡が見られないので不要ですが、大きな気泡が見られるようでしたら台に数回落として空気を抜いてあげてください。


焼き時間は20分、竹串で刺して生地がついてこなければ焼きあがりです。


f:id:ikashiya:20170405000638j:plain

f:id:ikashiya:20170405000639j:plain


・・・。まあまあ許容範囲でしょうか。ポイントを押さえれば失敗することはありません。慣れるとオーブンに入れるまで10分以内でできます(キメを十分整えないから上の画像のように細かな気泡ができます。かなり時間をかけてキメを整えると、綺麗にキメが整った生地に焼きあがります。)。ま、自分で食べる分なら全然速く仕上げてもいいですね。


f:id:ikashiya:20170406092505j:plain


さっとナッペしました。ナッペのやり方はまた長くなるので別で記事にしようと思っています。とりあえず、ボソボソになるという方は生クリームの泡立て過ぎです。ちょっとゆるいかなというくらいで、7分立てで塗ってみてくださいね。


要所で手を加えてあげれば、お子さんとでも作れると思います。誕生日やお祝い事に!数カット食べるだけならカロリーもそこまで高くないですし、僕はよく朝食に焼きます(笑)。結局1日かけて1ホール食べるので、カロリー過多になるのですが・・・。ぜひ作ってみてください!