苺と桜のロールケーキのレシピ!


スポンサーリンク

春ということで、苺やら桜やら抹茶やらヨモギやらを使ってお菓子やパンを作りまくっています。苺と桜のロールケーキのレシピを記そうと思います!


f:id:ikashiya:20170318205802j:plain


苺と桜のロールケーキのレシピ


材料


24×24cmの天板1枚分
・全卵 2個
・グラニュー糖 60g
・薄力粉 55g
・サラダ油 20g
・牛乳or豆乳 20g
・フリーズドライいちごパウダー 10g


さくらクリーム
・生クリーム 150g
・グラニュー糖 10g
・桜の塩漬け 5g
・桜リキュール あれば少し
・いちご お好みで数個


さくらの生クリームを苺の生地で巻くロールケーキです。スタンダードなジェノワーズ(共立て)生地をベースに作っていきます!



f:id:ikashiya:20170318205752j:plain


作り方


1. ボウルに卵を溶いてグラニュー糖を混ぜ、60℃程度で混ぜながら湯煎にかける
2. 人肌くらいになったら湯煎からはずし、高速で泡立てる
3. 白く持ったりとして、生地がりぼん状に落ちるようになったら低速にしてキメを整える
4. 薄力粉をふるい入れ、底からすくい上げるようにさっくりと混ぜ合わせる
5. 粉っぽさがなくなったら、温めておいた牛乳or豆乳とサラダ油を合わせたものに生地をひとすくい入れてよく混ぜ、再度ボウルに戻す
6. 同様に切るように、さっくり混ぜ合わせる
7. オーブン用シートを敷いた天板に流し入れ、スケッパーやカードなどで平らにならす

f:id:ikashiya:20170318205753j:plain

f:id:ikashiya:20170318205754j:plain

f:id:ikashiya:20170318205755j:plain

f:id:ikashiya:20170318205756j:plain


生地の跡でリボンが書けるくらいまでしっかり気泡を含ませて、その気泡を細かくするイメージで1分以上時間をかけてキメを整えてあげます。粉を加えてからは練らないようにさっくりと混ぜ、牛乳or豆乳とサラダ油は生地とのなじみが良くなるように生地の一部を混ぜて状態を近づけてあげます。


100mlのカップに生地を取ってはかった時の比重は、スタンダードに40g/100mlくらいがふわふわに焼きあがります。今回は塩気があるので試しに60gまで上げてみましたが、しっかりした生地でふわふわよりはしっとり寄り、ちゃんと美味しく出来たので、普通より少し比重を上げてもいいかも?水分+油分も多めですしね。ただ巻きづらくはなりますけどね。


8. 数回打ち付けて空気を抜き、180℃に予熱したオーブンで12分焼く
9. 途中10分経過時に前後を返して焼きムラをおさえる
10. 焼きあがったら縮みを防ぐためシートの側面だけをはずし、オーブン用シートをかぶせて冷ます
11. 生クリームにグラニュー糖を加えて7分立てにする
12. 塩抜きして刻んだ桜の塩漬けを加えて8分立てにする
13. 生地が冷めたらオーブン用シートをはずし、そのシートを敷いて焼き目を上にし、前後に余白をとってクリームを塗り、いちごをのせる
14. 下に敷いたオーブン用シートを使って手前からしっかり巻いていく
15. オーブン用シートを巻いたまま冷蔵庫で1時間ほど冷やしてなじませる
16. お好みでデコレーションして、切り分けてお召し上がりください!

f:id:ikashiya:20170318205757j:plain

f:id:ikashiya:20170318205758j:plain

f:id:ikashiya:20170318205759j:plain

f:id:ikashiya:20170318205800j:plain


こだわる方は巻き終わりの生地を斜めにカットすると、断面がきれいに収まります。普段は焼き目がついた面が外になるようにクリームを塗るのですが、今回はピンクを表に出したいので逆にし、焼き目がついた面にクリームを塗ります。


デコレーションは苺を飾っても良し、塩抜きした桜の塩漬けを飾っても良し、凝ってがちがちにデコレーションしても良しです。生クリームを塗ってヘラで波立たせ、苺や桜の塩漬けを飾るのが一番簡単かと思います。これ、すぐに食べる僕の朝食です(笑)。


f:id:ikashiya:20170318205803j:plain


苺と桜の香りがするしっとりした生地、程よく塩が程良く効いたクリームが美味しいロールケーキです。ぜひ!