準強力粉でスコーンを焼いてみました



スポンサーリンク

薄力粉ではなく、準強力粉でスコーンを焼いてみたらどうだろうと思い立って焼いてみました。配合はこちらのスコーンを少しアレンジしたものです。


腹割れ!バター香る王道プレーンスコーンのレシピ! - 生かし屋さん。


・準強力粉 130g
・バター 30g
・砂糖 20g
・ベーキングパウダー 3g
・塩 ひとつまみ
・卵 1個
・チョコチップ 40g


f:id:ikashiya:20170317003312j:plain


1. ボウルに準強力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩、冷えたバターを入れ、指でバターをつぶしながら馴染ませる。
2. バターが馴染んでサラサラ、そぼろ状になったら溶き卵を加えてヘラで切るように混ぜる。
3. ひとまとめにし、2センチくらいの厚さにのばして半分にし、重ねて再び2センチくらいの厚さにのばす
4. 型で抜くか包丁で切って好きな形に分け、側面を触らないようにオーブン用シートを敷いた天板に並べる
5. 180℃に余熱したオーブンで20分焼いて完成!


f:id:ikashiya:20170317003321j:plain


準強力粉はフランスパンなどに用いられる小麦粉で、薄力粉と強力粉の中間のような存在です。つまり薄力粉よりタンパク含有量が若干多く、軽い食感から少しザクッとした食感に寄ります。


さて準強力粉で作ったスコーンは・・・表面がカリッと、ザクザク感が増して美味しい!薄力粉だけで作ったものより好みの食感になりました。恐らく薄力粉と準強力粉をブレンドしてあげると一番僕好みの食感になりそうで、開拓のしがいがあります。このように他のお菓子も、タンパク含有量の違う小麦粉で作ってみると楽しそうですね。