冷凍パイシート×マフィン型でつくるさくさくマロンパイのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、生かし屋(@sakihirocl)です。栗祭り第6弾は冷凍パイシート×マフィン型でつくるさくさくマロンパイのレシピを記そうと思います。アーモンドパウダーは必要なんですが、手軽にできる簡単お菓子です。


f:id:ikashiya:20170915002646j:plain


材料


6個分
・クレームダマンド
バター 25g
砂糖 25g
全卵 25g
アーモンドパウダー 25g
ラム酒 5g
・栗の渋皮煮 6個
・冷凍パイシート 10cm×10cm 6枚
・全卵(接着用&照り用) 適量


ラム酒はお好みでどうぞ。渋皮煮としていますが、なんなら甘栗でもいいですよ!6個取りのマフィン型で6個を作りますが、もっと少ない数で作る場合は同じような大きさのセルクルをお使いください。



冷凍パイシートはクレームダマンドの作業開始前に出しておくとちょうどいい感じに溶けると思います。


作り方


1. ボウルに室温で柔らかくしたバター25g・砂糖25gを入れてヘラでクリーム状にすり混ぜる
2. 溶いた全卵25gを少しずつ加えながら混ぜ、乳化させる
3. アーモンドパウダーをふるい入れて一体になるまで混ぜ、ラム酒5gも混ぜてクレームダマンドは完成
4. 半解凍した冷凍パイシートにフォークで全体的にピケをする
5. 1個につき1/6のクレームダマンドをパイシートの中心に置き、栗を1個のせる(甘栗などで栗が小さい場合は2個)

f:id:ikashiya:20170915002632j:plainf:id:ikashiya:20170915002633j:plain


気泡を含ませないでいいのでヘラで構いませんし、小麦粉が入ってないので練っても構いません。とにかく一体になっていればOKです。バターが柔らかくなりすぎてちょっとゆるいかなと思ったら出来るまで冷蔵庫で置いておけば扱いやすくなります。


6. パイシートの角に溶いた全卵を塗り、縦→縦→横→横で空気が入らないように閉じて接着する
7. 出来た十字部分を指で接着し、時計回り(または反時計回り)に折って丸いフォルムにする
8. 離型油を塗ったマフィン型に入れて、竹串や爪楊枝で四方に穴をあけ、溶いた全卵を表面にまんべんなく塗る
9. 210℃に予熱したオーブンを200℃に下げて30分焼いて出来上がり

f:id:ikashiya:20170915002634j:plainf:id:ikashiya:20170915002635j:plain

f:id:ikashiya:20170915002636j:plain


実験として縦→縦→横→横と時計回りに右→下→左→上でとじた場合の両方で焼いてみました。写真手前3個が時計回りにとじたもので、少し広がってしまっています。写真奥の縦→縦→横→横でとじたものはしっかりと接着出来ており、丸いフォルムを保っています。なので縦→縦→横→横でしっかり接着することをおすすめします。


空気が入らないように密着させながらとじて、そのかわり爆発しないように竹串や爪楊枝で穴をあけておきます。焼き時間は目安なので、綺麗な焼き色がつくまで焼いてくださいね。


f:id:ikashiya:20170915002637j:plain

f:id:ikashiya:20170915002642j:plain


サクサクのパイ生地にガツンと美味しさがくるクレームダマンドに包まれたゴロンとした栗。あ~幸せ。アーモンドパウダーが割高なので持っていない方も多いかもしれませんが、色んなお菓子で小麦粉の一部を置換するとそれだけで味わいがアップしますし使いみちは多様です。500gなど大容量だと1gあたり1円ちょっとで買えますので、製菓材料店でお求めしてみてはいかがでしょう。冷凍パイシート×マフィン型で簡単にできてとっても美味しいマロンパイ、ぜひ作ってみてください!



他の栗スイーツはこちら!