お酢でさっぱり、なすのカポナータのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、生かし屋(@sakihirocl)です。夏に向けて、お酢が入ってさっぱりなトマトソースでいただくなすのカポナータはいかがでしょうか。


f:id:ikashiya:20170616223745j:plain


材料


・にんにく 2~3かけ
・オリーブオイル 大さじ3
・たまねぎ 1個
・白ワイン 50g
・ホールトマト缶 1缶
・なす 3本
・ズッキーニ 1本
・砂糖 15g
・白ワインビネガー(お酢) 40g
・イタリアンパセリ 適量


この分量だとトマトソースが余りますが、色々使えるので多めに作っちゃうと便利です。余らしたくない場合は半量で~。具材として他にセロリを入れても美味しいですよ~。汎用性のあるトマトソースにするために、今回は旨みの多いホールトマトを使いますが、カットトマトで酸味を生かすのもいいと思います。



f:id:ikashiya:20170616223729j:plain

f:id:ikashiya:20170616223732j:plain


作り方


1. 輪切りにしたにんにく・オリーブオイルを鍋に入れて弱火にかける
2. 弱火でじっくりとにんにくの香りをオイルに移す
3. にんにくがほんのり色付いてきたら5mm角に切った玉ねぎを加えて炒める
4. 玉ねぎが透き通って甘い匂いがしてきてしばらく炒めたら白ワインを加えてアルコールをよく飛ばす
5. 潰してスジなどを取り除いたホールトマト缶を加えて強火にし、2分加熱したら弱火に落として10分煮込む
6. 多めの油で乱切りにしたなす・ズッキーニを炒める

f:id:ikashiya:20170616223730j:plain

f:id:ikashiya:20170616223731j:plain

f:id:ikashiya:20170616223734j:plain

f:id:ikashiya:20170616223733j:plain

7. はじめに全体に油をまわし、皮にシワが寄ってなすが柔らかくなるまで炒める
8. 具材が頭を出すくらいトマトソースを加えて3分ほど煮込んで馴染ませ、火から外す
9. フライパンに砂糖・白ワインビネガーを入れて火にかける
10. 沸騰して大きな泡が出てきたら8に加えて混ぜる
11. お皿に盛ってイタリアンパセリをあしらえば出来上がり!

f:id:ikashiya:20170616223735j:plain

f:id:ikashiya:20170616223737j:plain

f:id:ikashiya:20170616223738j:plain


なすとズッキーニは素揚げにするのが楽ちんなのですが、ちょこっとヘルシーに揚げ焼きします。それでも少なくない量の油を使ったほうが美味しく仕上がります。なすもズッキーニも淡白なので、油がないと味も食感もいまいちに仕上がります。


カポナータには色々なレシピがあります。もともとは魚を使っていたようですし、お酢や砂糖が入らないものもあります。色々アレンジしてみてくださいね。


f:id:ikashiya:20170616223743j:plain

f:id:ikashiya:20170616223740j:plain


すぐに食べてもいいですし、容器に移して冷めてから冷蔵庫で一晩置くと味がなじみます。冷たいまま食べてもいいですよ~。酢・砂糖が入っているので、多少は保存性が上がっています。


f:id:ikashiya:20170616223746j:plain


さっぱりめなトマトソースで、夏でもパクパク食べられます。なす料理のレパートリーにイタリアンはいかがでしょうか。美味しいのでぜひ作ってみてください!