僕的・夏に歌いたくなる・聴きたくなる夏うた



スポンサーリンク

今週のお題「私の『夏うた』」


こんにちは、生かし屋(@sakihirocl)です。しばらく今週のお題の存在を忘れていましたが、ふと目についたので書いてみます。お題は私の夏うたということで、僕が夏に歌いたくなる・聴きたくなる歌を羅列してみます。あんまり詳しく書くのもあれなんで、前半の数曲は歌う時のポイントとかちょこっと(笑)。うたうたいなんでね。


シド / 夏恋


定番ですかね~。カラオケでも受けの良いらぶそんぐです。音域もサビ後半だけヘッドにシフトすればめちゃくちゃ楽で、歌いやすいのでおすすめです。


GLAY / 夏音


切ない夏うたです。ちょっと泣きそうになります。歌う時は最高音こそ高くないですがミドル~が続きますので、細めで息を多めにすると声質を選ばずに歌いやすいと思います。サビは完全に裏声でも音色から自然と声帯閉鎖気味になるので、無理に地声でいかずに裏声にするときれいです。


UVERworld / シャカビーチ~Laka Laka La~


テンション上がりますね~。張るところと抜くところでメリハリをつけるといいですね。細かいところでリズムが難しめなので練習必須なのと、強拍と弱拍を意識して当てないとダサくなります。


ZONE / secret base ~君がくれたもの~


年代的に『キッズ・ウォー』より『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』なのですが、良い曲ですよね~。女性ボーカルなのでキーを下げても良いですが、地声最高音がhiA#で裏声がhiC#なので男性なら全部裏声でいっちゃっても歌いやすいと思います。基本裏声ベースのミックス寄りで、サビは力を抜いたヘッドにすると自然です。


大塚 愛

聴きたくなる夏うたってことで、大塚愛さんの曲はなんだか夏のイメージがあります。金魚花火、ココ夏バケーション、プラネタリウム、PEACH、夏空、空とくじら、クラゲ、流れ星、U-ボート、蚊取線香、向日葵・・・。SMILYとかも夏ってテンションですよね~。めっちゃ聴いたなあ。


ROUND TABLE featuring Nino


こちらも聴きたくなる夏うた。公式がないので楽曲は割愛。ROUND TABLEさんの曲はどこか夏っぽさがあり、Ninoさんの透明感の上にほんのりかすみがかったような歌声がさわやかで、より夏っぽさが引き立ちます。


ARIA・あまんちゅ!の楽曲


聴きたくなる夏うた。天野こずえさん原作漫画の映像作品、ARIAとあまんちゅ!の楽曲はやはり、水に関わる作品なので夏っぽさがあります。先程のROUND TABLE featuring Ninoさんの楽曲もARIAの主題歌で、Rainbow、Just For You、シンフォニー、夏待ち、潮騒。牧野由依さんの曲でウンディーネ、ユーフォリアなど。あまんちゅ!のOP・EDでMillion Clouds、ふたり少女。どちらのサントラも良い曲がたっぷり使っているのでおすすめです~。ただのオタクになってきたので、このへんで(笑)。


むすび


夏の曲はテンション高めのアップテンポな曲から、ゆったりと切ない曲まで様々で、前者は昼に、後者は夜に聴くとどっぷり浸かることができます。フェスなどもあって、より音楽が身近に感じる季節だと、個人的には思います。よし、今日はカラオケに行こう~。