読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濃厚でリッチな口溶け ナッツブラウニーのレシピ!

レシピ レシピ-お菓子・スイーツ

スポンサーリンク

バター・チョコレート・薄力粉をどのような配合にするかで、全然表情が変わってくるお菓子、ブラウニー。以前は覚えやすい配合で、薄力粉多めのレシピを記しました(記事末にリンク貼っておきます)。今回は薄力粉少なめでリッチな口溶け、ナッツブラウニーのレシピを記そうと思います!


f:id:ikashiya:20170119001627j:plain


ナッツブラウニーのレシピ


材料


15or18cmスクエア型
・バター 100g
・グラニュー糖 30g
・塩 1g
・全卵 2個
・チョコレート 100g
・薄力粉 35g
・ナッツ+ドライフルーツ 表面に程良く散るくらい


今回はミルクチョコレートを使っています。板チョコを使う場合はこの分量でいいですが、カカオ分の高いスイートチョコレートを使う場合は少しグラニュー糖を増やしてあげてもいいと思います。もちろん甘さ控えめがお好きな方は調整してみてくださいね。


型はスクエア型で、15~18cmのどれでも大丈夫です。今回は18cmで作っていきます。18cmスクエア型だと、厚さはちょっと薄くなります。


ナッツはアーモンド+クルミ、ドライフルーツはドライクランベリーを使っています。型に生地を流し入れてから散らしますので、表面が程良く隠れるくらいの分量をお好みでお使いください。ドライフルーツはアクセントになるくらいで少なめ、もちろんナッツだけでもOKです。



レンジで溶かす場合は低いワット数で、熱しすぎないように気をつけて下さい。バターも同様に、レンジで柔らかくする場合は溶けないようにご注意を。


作り方


1. 柔らかくしたバターとグラニュー糖・塩をボウルに入れ、白っぽくなるまで泡立て器で混ぜる
2. 室温に置いた卵を溶き、分離しないように少しずつ加え、その都度よく混ぜて乳化させる
3. 溶かしたチョコレートも加えて混ぜる
4. 薄力粉をふるい入れ、底からすくうようにさっくり混ぜ合わせる

f:id:ikashiya:20170119001612j:plain

f:id:ikashiya:20170119001613j:plain

f:id:ikashiya:20170119001617j:plain

5. オーブン用シートを敷いたスクエア型に生地を流し入れる
6. 表面にナッツやドライフルーツを散らす
7. 180℃に予熱したオーブンで15~20分焼いて完成!

f:id:ikashiya:20170119001621j:plain

f:id:ikashiya:20170119001624j:plain

f:id:ikashiya:20170119001633j:plain

バターとグラニュー糖をよくホイップし、卵を分離しないように少し混ぜていきます。ま、分離してもチョコレートを加えると馴染むんですけどね(笑)。薄力粉はさっくりと混ぜ、粉っぽさがなくなってつやが出るくらいまで混ぜます。薄力粉は少ないのでそこまで神経質にならなくても大丈夫です。


ナッツやドライフルーツは落とすだけで大丈夫です。埋め込まなくても勝手に埋まってくれます。


18cm型だと15分ちょっとで焼きあがりました。15cm型だと少し深くなるので、20分くらいかかると思います。冷めたらシートを剥がしてラップをし、冷蔵で一晩以上寝かしてからお召し上がりください。1週間ほど寝かせると、バターが馴染んで最高に美味しくなります。


切り分ける時はナッツ側を下にすると、包丁とまな板にナッツが挟まった状態で切れるので、他の生地が崩れずに綺麗にカットできます。ナッツを上にして切ってしまうと、包丁と下の生地でナッツが挟まれ、生地よりナッツのほうがかたいので、ナッツが生地に食い込んで崩れる原因になります。


濃厚でしっとり、バターが馴染んだリッチな口溶けに、ナッツの香ばしさと食感。そこにドライフルーツの酸味がアクセントになってよく合います。チョコレートには自然な酸味がマッチしますね。とっても美味しいのでぜひ作ってみて下さい!


覚えやすい配合のブラウニーはこちら。薄力粉多めでベーキングパウダーも入って、しっとりながらもどちらかというと歯ざわりがよいブラウニーです。

www.ikashiya.com