シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパンのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。シュガーレーズンパンを食べたいと思い、バナナもあったのでキャラメルバナナにして中に入れてみました。シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパンのレシピです。


シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパン


材料


パン生地
・強力粉 250g
・塩 4g
・砂糖 25g
・スキムミルク 9g
・ドライイースト 3g
・水 160g
・バター 25g
・レーズン 80g

キャラメルバナナ
・グラニュー糖 50g
・水 5g
・バナナ 2本

・全卵(照り用) 適量
・グラニュー糖 適量


ちょっとバター・砂糖多めの普通のパン生地です。生地にはレーズンを混ぜ込み、キャラメルバナナを1つ1つに入れてちぎりパンにしていきます。

18cmスクエア型で焼けます。



作り方


1. 強力粉250g・塩4g・砂糖25g・スキムミルク9g・ドライイースト3g・水160gをボウルに入れて混ぜる
2. まとまるまでヘラで混ぜて、まとまったら台に取り出して手でこねる
3. 数分こねたら室温に戻したバター25gを加えてさらにこねていく
4. 生地を伸ばした時に破れず薄い膜がはるくらいしっかりこねる
5. 戻したレーズン80g分の水気をよく切って混ぜ込む
6. 丸めてボウルに入れてラップをし、35℃で50分1次発酵
粉類を混ぜている様子こねあがりの目安(薄い膜がはった状態)
7. 2倍以上に膨らめばOK
8. 鍋にグラニュー糖50g・水5gを入れて火にかける
9. その間にバナナを厚さ1cmほどにカットし、砂糖がキャラメルになったらバナナを入れてしばらく煮詰める
10. とろみが増してきたらキャラメルバナナの出来上がり→冷ましておく
キャラメルにバナナを入れた様子キャラメルバナナバナナの完成
1次発酵前1次発行後(2倍くらいに膨らみます)
11. 1次発酵完了したらガス抜きして取り出し、9等分(1個60g程度)して丸める
12. かたく絞った濡れ布巾をかけてベンチタイム10分(休ませる)
13. めん棒で円形にのばして、キャラメルバナナを1/9ずつ包む
丸めてベンチタイムの様子円形にのばしてキャラメルバナナを包む様子
14. とじ目を下にして、オーブン用シートを敷いたスクエア型に並べる
15. かたく絞った濡れ布巾をかけて35℃で30分を目安に2次発酵
16. ひとまわり大きくなり、間がそこそこ埋まったらOKで
17. 溶いた卵を刷毛で表面に塗り、グラニュー糖をまんべんなくまぶす
18. 180℃に予熱したオーブンで20分焼いたら出来上がり
スクエア型も並べた様子(2次発酵前)2次発行後、卵を塗ってグラニュー糖をまぶした様子
シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパン2


キャラメルバナナが入る分工程は多いですが、比較的こねやすい生地なので初心者さんでも出来ると思います。グルテンの薄い膜が出来るまでしっかりこねます。


キャラメルバナナはバナナを入れる時少しはねるのでやけどにご注意ください。砂糖が段々色づいてくるので、完全に茶色になったところでカットしたバナナを加えます。バナナの水分でゆるくなるので水分が少なくなるまで煮詰めます。


キャラメルバナナを包むときは空気がなるべく入らないように。2次発酵したら焼き色をつけるために卵を塗り、グラニュー糖をさらにプラスして甘く仕上げます。


シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパン3
シュガーレーズンとキャラメルバナナのちぎりパン4


ちぎりパンなのでちぎって、複数人で1つのものを食べる感じがいいですね。ま、一人で食べましたけど(笑)。


全体的に甘めのパンで、中にもキャラメルバナナがあるので、牛乳やコーヒーと一緒に朝食やおやつにぴったりです。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!