読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィン型で作るタルトシトロン(レモンタルト)のレシピ!

レシピ レシピ-お菓子・スイーツ

スポンサーリンク

先日レモンカードのレシピ記事を記しました。今回はそのレモンカードを使いまして、マフィン型で作るタルトシトロンのレシピを記そうと思います!タルトリングを用意したほうがきれいに仕上がりますが、数を買わないといけないので、より持っている人が多そうなマフィン型で作ります。タルトストーンも不要です!


f:id:ikashiya:20170219210021j:plain


タルトシトロンのレシピ


材料


パート・シュクレのタルト生地(マフィン型6個分)
・バター 60g
・粉糖 33g
・全卵 1/3個(17~18g)
・薄力粉 100g
・アーモンドプードル 13g(なければ薄力粉でOK)
・バニラオイル 3滴程度


レモンカード
・レモン汁 52g
・全卵 104g(2個)
・グラニュー糖 52g 
・無塩バター 52g
・国産レモンの皮(すりおろし) 2g


ナパージュ
・水 15g
・ゼラチン 2g
・グラニュー糖 8g
・国産レモンの皮(すりおろし・仕上げ用) 2~3g程度


メレンゲ
・卵白 1個分(30g)
・砂糖 卵白の重さの1.5倍(45g)


パート・シュクレは冷凍可能ですので、卵1個分である上記の3倍量で作るのをおすすめします。作り方はこちらをご参照ください。生地を3mm程度の厚さにのばす工程までですね。


www.ikashiya.com


レモンカードの作り方はこちらに詳しく記しております。比率「2」ですね。今回のタルトを6個作っても少し残るくらいの量です。


www.ikashiya.com


別記事で記したものを組み合わせるだけです(笑)。でもここでそれぞれ詳しく記すと、1万字を超えそうなので、このような形態を採らせていただきます。



作り方


1. 3mmにのばしたパート・シュクレ生地をマフィン型に沿ってはり付ける
2. フォークでまんべんなくピケをする(タルトストーンがある方はセット)
3. (出来ればラップをして冷蔵庫で30分休ませた後)180℃に予熱したオーブンで10分焼く
4. 10分後、取り出したらまた180℃に予熱を開始し、膨らみをスプーンなどでおさえて平らにする(タルトストーンをとりのぞく)
5. 再び180℃に予熱したオーブンで10分、ふちが茶色く色付くまで焼く

f:id:ikashiya:20170219210016j:plain

f:id:ikashiya:20170219210017j:plain


きれいに作る場合は、パート・シュクレ生地をふちに余裕を持って型にはりつけ、ナイフなどで平らになるようにカットすればOK。のばすしたり、型にはり付ける際の扱いで生じたグルテンを抑えたり、ダレた生地を戻すために、出来ればラップをして冷蔵庫で30分ほどやすませたほうが、焼き上がりの食感がよくなります。


タルトストーンは大豆や小豆、コメでも代用可能です。無しの場合は一旦取り出した際に、膨らんだ部分を柔らかいうちにスプーンで押さえつけ、平らにしてから焼くことで、膨らみを抑えます。焼き上がりのふちが写真のようにガタガタでも、仕上げると良くなるのでご安心を。


6. 焼きあがったタルトが冷めたら、レモンカードを詰めて表面をナイフなどで平らにする
7. 水にひやしたゼラチン・砂糖を鍋にいれ、70℃程度、透明な液体状になるまで加熱し、ナパージュを作る(80℃を超えるとゼラチンのかたまりが悪くなります)
8. レモンカードを入れたタルトの上にナパージュをほどこす
9. 中心にすりおろしたレモンの皮をあしらって完成!

f:id:ikashiya:20170219210023j:plain

f:id:ikashiya:20170219210018j:plain

f:id:ikashiya:20170219210019j:plain

f:id:ikashiya:20170219210020j:plain

f:id:ikashiya:20170219210022j:plain


あとはレモンカードをつめて、きれいに見えるようにナパージュを塗り、レモンの皮をトッピング!とっても見た目が良くなります。


サックサクのタルト生地に、さわやかな清涼感もありながらもバターと卵のコクもあるレモンカードがよく合います。紅茶と一緒に食べれば最高のティータイム。


あとはレモンタルトと言えばメレンゲ。


10. 卵白を角が立つまで泡だて、砂糖の1/3を入れて混ぜる
11. ツヤが出たら次の1/3、次の1/3と入れ、角が立つまで泡立ててメレンゲを作る
12. ナパージュを塗る前のタルトシトロンに絞る、またはのせた後スプーンのつぼの裏をつかって角を立たせる
13. お好みでバーナーであぶるか、トースターやオーブンで焼き色がつくまで焼いて完成!(200℃上段で5分~が目安)

f:id:ikashiya:20170219210024j:plain

f:id:ikashiya:20170219210025j:plain


トースターでやる時は焦げないように注意して、見ながらやってくださいね。画像のようになりますからね(笑)。ちょっと甘めのメレンゲのしゅわしゅわ食感が加わり、これまた定番の味。


それぞれ作るのに多少の手間はかかりますが、両方多めに作っても別のお菓子にも使えますし、なによりとっても美味しいですので、ぜひ作ってみて下さい!