【動画あり】よもぎどら焼きのレシピ



スポンサーリンク

あれよあれよと5月に突入し、外の様相もピンクから黄緑になってまいりました。よもぎの季節真っ盛りということで、今回はよもぎどら焼きのレシピを記そうと思います!動画も取りましたのでぜひご覧ください!


f:id:ikashiya:20170430230412j:plain

f:id:ikashiya:20170430230413j:plain



Mugwort dorayaki よもぎどら焼きの作り方


材料


・よもぎ粉 5g
・水 65g
・全卵 2個
・砂糖 100g
・みりん 10g
・はちみつ 15g
・重曹 小さじ1(3g程度)
・薄力粉 120g
・あんこ 適量


今回はよもぎ粉を使います。フレッシュなよもぎをすり潰して使う場合は、よもぎ50gで水との合計が70gになるように調整してください。どら焼きなので重曹を使います!重曹はベーキングパウダーと違って横に膨らむ性質があり、独特の風味が「どら焼きの味」にしてくれます。色がつく性質もありますので、どら焼きには重曹が使われます。重曹がない場合はベーキングパウダーでも出来ますが、仕上がりや味に若干の差異がでちゃいます。


作り方


1. ボウルによもぎ粉・水50gを入れ、少し置いてよもぎ粉を戻す
2. 卵2個を割り入れ、泡立て器でよく混ぜる
3. グラニュー糖・みりん・はちみつ・重曹を次々加えて、その都度混ぜ合わせる
4. 薄力粉をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでゆっくり混ぜる
5. 残りの水15gを加えて混ぜ、ラップをして30分寝かせる

f:id:ikashiya:20170430230407j:plain

f:id:ikashiya:20170430230405j:plain

f:id:ikashiya:20170430230406j:plain

6. フライパンを熱して油を少量入れてペーパーで拭き取り、濡れ布巾に置いて温度を均一にする
7. 生地を流し入れ、弱火でじっくり焼く
8. 表面に気泡が出てきたら裏返し、裏面も焼き色がつくまで焼く
9. 同じ大きさになるようにお玉の大きさで目星をつけて次々焼いていく
10. 乾燥しないようにぴったりとラップをして冷ます
11. 冷めたらあんこを好きなだけ挟んで出来上がり!

f:id:ikashiya:20170430230408j:plain

f:id:ikashiya:20170430230409j:plain

f:id:ikashiya:20170430230410j:plain

f:id:ikashiya:20170430230411j:plain


薄力粉を混ぜる時、はじめはごくゆっくり混ぜてあげると粉を飛ばさずに済みます。油がフライパンに残っているとまだら模様になるので、はじめの1枚はきれいな焼き色がつきません。2枚目からは余分な油がなくなって、きれいで均一な焼き色がつきます。鉄のフライパンの場合は全体に油がなじむので、薄く均等になるくらいの油の量で大丈夫です。色付きがいいので弱火で、じっくり焼いていきます。


乾燥しないようにラップをして冷ましますが、ぴったりラップをしないと水滴がついて、生地がふやけるだけでなく雑菌の温床にもなるのでご注意ください。


f:id:ikashiya:20170430230414j:plain


味はほっこりと、自然の風味あふれる皮にあんこの自然な甘さがマッチします。お茶と食べると美味しいですね~。普段洋菓子ばかり作っていますが、たまには和菓子も乙なものです。よもぎの旬であるこの季節にいかがでしょうか。