フライパン・スキレットでも作れるフォカッチャのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。年始にちょくちょくパンを焼きましたのでそのレシピでも。今回はフライパン・スキレットでも作れるフォカッチャのレシピです!


スキレットで焼いたフォカッチャ
フォカッチャ


材料

・準強力粉 250g
 (薄力粉125g+強力粉125g、強力粉250gでもOK)
・塩 4g
・砂糖 7g
・ドライイースト 3g
・ぬるま湯 150g
・オリーブオイル 7g
・オリーブオイル(焼成時) 適量
・粗塩 適量
・ローズマリーやタイムなど お好みで


バターではなくオリーブオイルを使う生地で、準強力粉を使いましたが強力粉でも、薄力粉と強力粉を半々でもOKです。

上にのせるのは塩だけでもいいですし、お好きならハーブをのせると美味しいです。


フライパン・スキレットでも作れる…!ってことで、まぁ他のパンでもフライパン・スキレットで焼けるんですけど、フォカッチャとか平らなパンとか、カリッとさせて美味しいパンがより向いてるんじゃないかと思います。



作り方


1. 【こね~1次発酵】ボウルに準強力粉250g・塩4g・砂糖7g・ドライイースト3gを合わせる
2. ぬるま湯150gを加え、ヘラでまとめるまで混ぜる
3. 台に取り出し、なめらかになるまで3分ほどこねる
4. オリーブオイル7gを加え、さらになめらかになるまで5分~10分こねる
ボウルに材料を合わせた様子オリーブオイルを加えてさらにこねる様子
5. 丸めて乾燥しないようにボウルをかぶせ、15分寝かせる
6. 数往復こねてまた丸めてボウルをかぶせ、再び15分寝かせる
7. また数往復こねて丸めてボウルに入れ、ラップをして35℃で50分1次発酵
生地を休ませている様子1次発酵前
8. 【1次発酵完了~ベンチタイム】2倍ほどに膨らんだら1次発酵完了
9. ガス抜きして6分割し、丸めてかたく絞った濡れ布巾をかけてベンチタイム15分
10. 【成形~2次発酵】手で少し平らにのばし、円盤のような形にする
11. オーブン用シートを敷いた天板や、オリーブオイルを薄く塗ったフライパンやスキレットに並べる
12. かたく絞った濡れ布巾をかけて、40℃で30分、ひとまわり大きくなるまで2次発酵する
1次発酵後、2倍に膨らんでいる円盤型に成形した様子
13. 【焼成/オーブンを180℃に予熱する】指でオリーブオイルをつけて窪みをつける
14. 上からオリーブオイルをかけ、粗塩をふり、お好みでハーブをのせる
15. 180℃に予熱したオーブンで15分焼いて出来上がり
16. フライパン・スキレットの場合は蓋をして弱火で15分、8分ほどで上下を返して焼いて出来上がり
焼成前(オーブン)焼成前(スキレット・フライパン)
スキレットで片面が焼けた様子スキレットでこんがり焼けた様子
フォカッチャを横から見た様子
スキレットで焼いたフォカッチャのアップ


ラフに作れるように、表記を簡略化してます。もっちりながら歯切れのいいように、あまりグルテンとか気にせずこねて、休ませながら生地を作っていきます。1次発酵は2倍ほどになっていればOKです。


ざっくり円盤型に成形して、フライパンやスキレットの場合はくっつかないように油を引いて入れ、ひとまわり大きくなるまで2次発酵。焼くに指で穴を開けるのですが、指に生地がついちゃわないように、指にオリーブオイルを塗ってから窪みを作ります。

あとはオリーブオイルをかけて、塩もかけて、お好みでハーブをのせて焼くだけ!


フライパン・スキレットの場合は、少しオリーブオイルを足してカリッと焼き上げると美味しいです!


フォカッチャのアップ
スキレットで焼いたフォカッチャを上から見た様子


もちっとしながら歯切れがよく、塩味とハーブの香りが美味しいパンです。食事パンとして、料理のお供にも。スキレットやフライパンで焼いた方は表面がカリッとじゅわっとで、ぜひこっちも…。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!