読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィン型で作るタルトシトロン(レモンタルト)のレシピ!

レシピ レシピ-お菓子・スイーツ

先日レモンカードのレシピ記事を記しました。今回はそのレモンカードを使いまして、マフィン型で作るタルトシトロンのレシピを記そうと思います!タルトリングを用意したほうがきれいに仕上がりますが、数を買わないといけないので、より持っている人が多そうなマフィン型で作ります。タルトストーンも不要です!


f:id:ikashiya:20170219210021j:plain

続きを読む

テレビCMを飛ばさなくなった

考え事 雑記

テレビCMは飛ばす派ですか?飛ばさない派ですか?


アニメ以外、めったにテレビはみないんですけれど、数番組だけは録画して毎週見ています。テレビを見始めた小学生くらいから、同じ感じで数番組だけ録画してみることが多かった気がします。中にはリアルタイムでドキドキしながら待機して見た番組もありましたが、基本的には録画でした。


録画の何がいいって、1.好きな時間に見られること、2.見なくていいところをスキップできること、3.見たいところを何度も見れるところ、です。今回は2について、テレビCMを飛ばさなくなったという話です。

続きを読む

さっぱり絶品!大根おろし&アーリオ・オーリオのパスタのレシピ!

レシピ レシピ-パスタ

アーリオ・オーリオに大根おろしをのせたらさっぱり絶品で美味しかったので、記事にしようと思います。「アーリオ」とはにんにくのこと、「オーリオ」とはオイルのこと。わかりやすく言うと、ペペロンチーノのとうがらし抜きです(笑)。


f:id:ikashiya:20170216235534j:plain

続きを読む

しっとりふわふわ!ウィークエンド(レモンパウンドケーキ)のレシピ!

レシピ レシピ-お菓子・スイーツ

「週末に大切な人と一緒に食べるケーキ」なんて素敵な由来がある「ウィークエンド」。ウィークエンドシトロン、レモンのパウンドケーキです。すっきりしていて絶品で、国産のレモンが手に入ったときには必ず作ります。そんな、ウィークエンド(レモンパウンドケーキ)のレシピを記そうと思います!


f:id:ikashiya:20170215003331j:plain

f:id:ikashiya:20170215003750j:plain


ウィークエンド(レモンパウンドケーキ)のレシピ


材料


18cmパウンド型
・バター 110g
・グラニュー糖 110g
・全卵 2個(105g)
・レモン汁 5g
・薄力粉 110g
・ベーキングパウダー 2g(小さじ1/2)
・国産レモンの皮(すりおろし) 2g(1/2個分)


グラスアロー
・粉砂糖 65g
・レモン汁 13g
・国産レモンの皮(すりおろし) 1g


パウンドケーキの基本に則り、バター・グラニュー糖・卵+レモン汁・薄力粉が同量です。前後させたりしましたが、結局これが一番美味しかったです。


農薬や添加物が気になるので、レモンの皮は国産に限定して、できれば無農薬をおすすめします。気にならない方はいいですが・・・僕は気になっちゃいます。



皮をすりおろす際は、白い部分が入らないように、黄色い部分だけすりおろします。バターをレンジで柔らかくする場合は、低いワット数で柔らかくしすぎないように気をつけてください。


f:id:ikashiya:20170215003317j:plain


オーブン用シートの敷き方はこちら。


www.ikashiya.com


作り方


1. 柔らかくしたバターを混ぜてクリーム状にする
2. グラニュー糖を加え、ふわっとするまでよく混ぜる(泡立て器でもハンドミキサーでもOK)
3. 分離しないように常温に置いた卵を少しずつ加え、その都度よく混ぜて乳化させる
4. しっかり乳化したら、レモン汁も加えて乳化させる
5. 薄力粉・ベーキングパウダーをふるい入れ、「の」の字をかくようにさっくりと混ぜる
6. 粉っぽさがなくなったらレモンの皮を加えて、少しツヤが出るまで同様に混ぜる(混ぜすぎはNG)
7. オーブン用シートを敷いた型に隙間がないように詰める

f:id:ikashiya:20170215003318j:plain

f:id:ikashiya:20170215003319j:plain

f:id:ikashiya:20170215003320j:plain

f:id:ikashiya:20170215003321j:plain


オーソドックスなパウンドケーキと同様に作ります。しっかり乳化させ、薄力粉を加えてからは練らず、それでいてしっかり粉をなじませると、しっとりふわふわに仕上がります。


8. 平らにし、170℃に予熱したオーブンで40分前後焼く
9. 焼いている間に、粉砂糖にレモン汁をよく混ぜてグラスアローを作る
10. 竹串をさして生地がついてこなければ焼き上がり、すぐにオーブンを200℃に予熱する
11. 熱いうちに型から取り出し、グラスアローを刷毛で塗る
12. 上面と側面に塗り、上面の真ん中のラインにレモンの皮を散らす

f:id:ikashiya:20170215003323j:plain

f:id:ikashiya:20170215003324j:plain

13. 200℃に予熱したオーブンで2分焼いて完成!
14. 粗熱を取ってラップに包み、一晩~1日常温で置くと美味しくいただけます

f:id:ikashiya:20170215003326j:plain

f:id:ikashiya:20170215003325j:plain

f:id:ikashiya:20170215003328j:plain

f:id:ikashiya:20170215003329j:plain


型から取り出す際は、熱いですのでやけどにご注意ください。焼きたても美味しいですが、レモンのすっきり感を生かすために冷まし、バターが馴染む一晩~1日常温で置いてから食べるとより美味しいです。グラスアローがコーティングされているので水分が閉じ込められ、びっくりするほどしっとりふわふわです。


f:id:ikashiya:20170215003330j:plain

f:id:ikashiya:20170215003332j:plain


週末のゆったりとした朝、朝日が差し込んだ部屋で、起きたての体にレモンのすっきりとした風味が刺さる、心地よい朝食です。はたまた、おやつの時間に紅茶とともに、週末の少しこってりとした昼食を食べた舌を刺激します。週末に大切な人と一緒に食べるケーキ、ウィークエンド。ま、たいてい一人なんですけど(笑)。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!


他のレモンを使ったレシピもどうぞ!


www.ikashiya.com

手を「染める」お菓子~やめられないとまらないの魔術~

考え事

もう食べるのやめにしようと思っていながらも、あと1枚あと1枚と、スナック菓子についつい手を伸ばしてしまった経験は、多くの人にあると思います。かっぱえびせんが「やめられないとまらない」のキャッチコピーでお馴染みのように、ハッピーターンの白い粉に中毒的な魅力を感じるように。


ではなぜ、ついつい食べてしまうのでしょうか。商品の美味しさはもちろん1つの理由だと思います。ちょっと考えてみますと、絶妙な塩加減(少し強めの塩味)と、一口の軽さから、いつまでも「ほどよい物足りなささ」が演出されているのではないか、という自論に行き着きました。


もちろん、ストレスなど精神状態が関与していたり、栄養バランスの偏りをはじめとする体の状態が原因の場合もあるでしょう。砂糖中毒、砂糖依存症なんて呼ばれる状態に陥っている可能性もあります。この場合は笑い話ではなく、ちゃんとした対処が必要です。でも今回はこの視点を抜きにした、「ついつい食べちゃう!」くらいの軽いやめられないとまらないの話。


1つの側面の話なので軽く読んでもらえればと思います。

続きを読む

パウンド型:オーブン用シートのきれいな敷き方

料理

パウンドケーキのレシピでオーブン用シートの敷き方の説明を委ねるための記事です(笑)。オーブン用シート・・・いわばクッキングシートですね。パウンド型用の型紙も売っていますが、オーブン用シートを自分で切ったほうが経済的です。それでは、画像を交えて記していきます!

続きを読む