『薬指の標本』の感想。自分にとっての六角形の小部屋、カタリコベヤを持つ

『博士の愛した数式』でおなじみ、小川洋子さんの『薬指の標本』という小説があります。かなり好きな小説の1つです。 薬指の標本 (新潮文庫)posted with ヨメレバ小川 洋子 新潮社 1997-12-24 AmazonKindle楽天ブックス

一瞬の風になれ 感想

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 青春の真っ只中で読んだ本、何冊も浮かぶのですが一冊選ぶとすればこの本になります。 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)posted with ヨメレバ佐藤 多佳子 講談社 2009-07-15 AmazonKindle楽天ブ…

大人になった今、児童書を読もう(おすすめの児童書)

今、児童書を読む理由 子供の頃に読んだ思い出の本。記憶に深く残っているもの、読んだことさえ忘れているもの、また読み返したいと思いつつも時間が取れずに放置していたものなど、誰しもなんらかのかたちで子供の頃に読んだ本に対する感情は存在していると…