男性でも化粧水は今すぐ使い始めたほうがいいと思います 【メンズの化粧水】



スポンサーリンク

化粧水歴10年以上の男です。男の化粧水について、度々話題に上がりますが、僕は男性でも化粧水は今すぐ使い始めたほうがいいと思います。


f:id:ikashiya:20140322160907j:plain


化粧水を使い始めたきっかけと実感


小学生の高学年、ニキビに悩まされていました。おそらく学区内で一番ひどかったと思います。思春期のニキビは誰もが通る道だと思いますが、結構ブツブツでしたね~。親も心配して、あの手この手を尽くすわけです。その1つが化粧水でした。


小学5年生の途中でしたかね、親の勧めで化粧水と乳液を使い始めました。それ以来習慣化し、ニキビがおさまった後も、何の疑問も持たずに化粧水と乳液を使い続けています。今でも。ニキビに関しては、化粧水が寄与して治ったという実感はありません。中学に入るとすっかり治りましたけどね。そういう時期と体質だったんでしょう。多少はましになったかもしれませんが、その時期のニキビは何をしても治りませんでした。ただしスキンケアが功を奏したのか、ニキビを潰していたにも関わらず、ニキビ跡は残りませんでした。本当に良かった。


そんなこんなですっかりとお風呂上がりのルーチンワークとなった化粧水と乳液ですが、僕自身は気にも留めていませんでした。ただ漠然と、保湿しとけば肌にいいっぽいし、もう習慣になっているので面倒くさくもないしといった風に、効果などは気にしていませんでした。


ですがこの歳(22歳)になって、「肌がきれいだね」と言われることが多くなってきました。自分では特段きれいだとも思わないのですが、たしかに同年代の肌が年齢と共に荒れてくる中、比べてみるとましだと思うようになりました。中にはひどい様相の方もいますからね。


これが化粧水の効果だ!断言することは残念ながら出来ません。だって色んな要素があるし、わかんないですよね(笑)。ですが少なくとも荒れたり乾燥することはないですし、出先で化粧水を忘れたときには、「ちょっと肌の様子が違う」と感じることがあります。使った直後はぷるんぷるんになりますし、何しろ女性が挙って使っているのですから、効果は期待できるでしょう。


肌のきれいさは清潔感にも直結しますし、男性でもケアはした方がいいと思います。女性の中には「男子が化粧水なんて気持ち悪い!」という意見を有している方もいますが、そんなの関係ね~!(笑)公言はしなくとも、隠れてケアすれば良いだけです。肌が荒れてるよりはきれいな方が良いのは明らかですし、化粧水を使わない手は正直ないと思います。


f:id:ikashiya:20161118005311j:plain


おすすめの化粧水


f:id:ikashiya:20161118004557j:plain


長らく母親にまかせて、化粧品メーカーの高い化粧水を使っていましたが、一人暮らしをはじめてからは手に取りやすい市販のものに切り替えました。詳しくはないですが、化粧水の選び方とおすすめの化粧水を少し記していきます。


どの化粧水を使ったらいいか分からないよ!という方、基本的には店頭に並んでいるもので人気のもの、かつ無香料・無着色のものを選ぶといいと思います。店員さんに聞くと教えてもらえますよ。中には化粧水を買うのが恥ずかしいという方もいるかもしれません。そんな方にはやはりネット通販です。


さきほど画像を載せましたが、僕が使っているのはこちら。



最近使い始めましたが、肌なじみもよく、大容量なのでたっぷりと使えます。同じく容量が多く、シンプルなこの2つもおすすめです。



Amazonでも売れていて、レビューも上々です。大容量ながらもお値段は400~600円で、導入としても手に取りやすい価格だと思います。少し値段が上がって、容量も減りますが、こちらも人気ですね。



注意してもらいたいのが、化粧水は肌につけるものなので、人によって合う合わないが必ずあり、万人に合うものはないということです。少しでも肌に異常を感じたら、いくら大容量で、残っていようと、すぐに使用をやめてください。これがあるので、無香料・無着色がおすすめなのです。加えて低刺激・オイルフリー・アルコールフリーなどの記載があるといいですね。


パックをする場合はコットンか、顔の形に切り抜かれているフェイスマスクを買います。



100円ショップにも売っていますが、肌につけるものなので、それなりのものを使ったほうがいいのですが、男性は肌が強い方もおおいので、自覚がある方は100円ショップので十分でしょう。時間は1~5分ほど。それ以上はコットン自体が乾いて、逆に肌の水分が持って行かれますので、短い時間を心がけてください。


おすすめの乳液


男性には化粧水だけでも十分だと思いますが、乳液も!という方はこちらがおすすめです。僕も今はこれを使っています。



先ほどの肌研 極潤のも上々のレビューです。



化粧水の使い方


化粧水の役割は肌の調子を整えること。物理的な水分補給ではなく、肌の調子を整えることによって、肌の潤いが良くなっていきます。基本的には手にとって顔に塗っていけばいいのですが、ポイントを少々。


まずはたっぷりと使うこと。ケチらず、惜しげもなくたっぷりと使ってください。せっかく使っても、中途半端では効果半減ですからね。そのために先ほど大容量をおすすめしました。どんどん使ってください!すぅーっと馴染んでいくので、顔がいつまでもびちゃびちゃなんてことはないですよ!安心してください(笑)。


それから・・・顔だけでなくも!見落としがちですが、首まで化粧水をつけるといいです。余ったら手にも塗りたくります。


基本的には手でつけて大丈夫です。コットンを使っても良いのですが、こちらは諸説ありまして、コットンのほうが低刺激だという声もあれば、手よりも刺激が強いという声もあります。肌質によるんでしょうね。手でつけると、手からも吸収してしまいますが、それはそれで手がきれいになると思って看過しましょう。男なので、そこまで気にする必要もないと思います。


化粧水を使うタイミング


基本的には顔の油分が失われている風呂や洗顔の後です。加えて男性は、ひげ剃りの後もつけると、肌へのダメージが抑えられます。カミソリ負けなどもマシになりますし、風呂とひげ剃りを別のタイミングで行っている方は、アゴ周りだけでも化粧水をつけるといいですね。


乳液の使い方


化粧水→乳液の順番でつけていきます。乳液の役割は保湿です。化粧水で肌の調子を整えた後、保湿してやります。ただ一様に塗りたくればいいかといいますと、男性は皮脂が多いので、注意が必要です。


なにも考えずに塗りたくると、テッカテカになりかねないので、皮脂が多いおでこ・Tゾーン・鼻は薄く塗るか、塗らないようにします。逆に頬なんかは乾燥しやすいので、普通に塗っていきます。また夏場は皮脂が多くなるので化粧水だけでも十分です。乳液が活躍するのは主に冬場ですね。季節や気候によって調整しましょう。


さいごに


最近では、男性でも化粧水をつけている方が増加しているようです。だからというわけではなく、単純に効果があるから、男性でも化粧水をつけることをおすすめします。モテ肌なんて仰々しいことをいうつもりはありませんが、汚いよりはきれいな方がいいよねくらいの気持ちで、そんなにお金がかかるものでもないので、お試しでもはじめてみてはいかがでしょうか。