ドライフラワー専門店「EW.Pharmacy」に行ってきました



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。もう1ヶ月も前のことになるんですけど、ドライフラワー専門店「EW.Pharmacy」に行ってきました。


代々木八幡駅、代々木公園駅から歩いて5分ほど。


EW.Pharmacy外観


EW.Pharmacyはエデンワークスが手がける、Pharmacyの名の通り調剤薬局をコンセプトにしているドライフラワーショップです。


ドライフラワーが並んでいる様子
ドライフラワーが並んでいる様子2


こちらで売られているドライフラワーは独自の製法で色が残るようにしたうえで、染色やペイントなどをその植物に応じて施されています。


花が入った水晶


5本セレクトが3000円、10本セレクトが5000円を基本に、スタッフさんによるアレンジや限定のパッケージ、そのほか瓶詰め(薬品瓶)に押し花や手紙など様々なラインナップがあります。


花を選んでいる様子


薬局のカウンターのようなディスプレイで、薬を調合するように白衣のスタッフさんが対応してくれます。今回は5本セレクト。上の段の8種類とその日のスペシャル1種類からチョイス。10本セレクトになると下の段からも選べます。


同じ種類でも色の出方は違うので、花の種類・色味・花言葉などコンセプトをもとに、自分のイメージに合わせて調合することが出来ます。


花をセレクトしている様子


今回はニゲラ・ラベンダー・オーデコロンミントのむらさきを基調にまとめ、アクセントとして1種類だけ鮮やかな赤色のサゴ、赤がなじむようにとその日のスペシャルのユウゼンギクをチョイスしてみました。


花言葉などを書いた紙にをくれる


このように、種類・花言葉・特徴などが書かれた紙にチェックを入れてくれます。さながら処方箋のよう。




パックされたドライフラワー
パックされたドライフラワー2
パックされたドライフラワー3


セレクトすると、湿気が入らないよう密封してパッケージにしてくれます。そのまま飾ってもいいですし、別の密封容器に入れかえて飾ることもできます。


WECKにドライフラワーを詰める
WECKに詰めたドライフラワー


密封容器・・・と家をさがしたらWECKしかなかったので、上のオレンジが気になりますがとりあえず詰めて見ました。ま、棚に飾れば気になりません。


イメージに沿ってカットし、配置していきます。おおむねチョイスの思惑通り、うまくまとまってくれたかなと思います。またいい瓶を見つけたら詰め替えようかと思います。EW.Pharmacyで売っている薬品瓶も素敵なのですが、ちょっとイメージとは違うので雑貨屋さんなどでの出会いに期待します。


EW.Pharmacy扉


店員さんの対応もよく、わからないことがあれば丁寧に教えてくれますし、パッケージまでの間も気さくに話しかけてくださいました。形態が特殊なのでハードルが高いように思われるかもしれませんが、その点は心配しなくて大丈夫だと思います。


外までお見送りにきてくださって、季節が変われば花のラインナップも変わるとのこと。季節ごとに、足を運びたいな。また、贈り物としてもピッタリだと思います。


EW.Pharmacyの基本情報
店舗
東京都渋谷区富ヶ谷1-14-11
電話番号
03-6407-0701
営業時間
13:00〜20:00 不定休
ホームページ
edenworks | Top
インスタグラム
EW.Pharmacy (@ew_pharmacy) • Instagram photos and videos



興味ある方、ぜひ訪れてみてください!

プレゼントにするのも素敵だと思います!


冠婚葬祭などちゃんとしたイベントには、より造形が安定しているプリザーブドフラワー(枯れないお花)がベターですかね~。