しっとりふわふわ!バナナシフォンケーキのレシピ!



スポンサーリンク

結構前に書いていて、なぜか下書きのまま封印されていたので、旅行帰りの時間のなさを機にお蔵出しです。しっとりふわふわで、安心のバナナスイーツ、バナナシフォンケーキのレシピを記そうと思います!


f:id:ikashiya:20170330001136j:plain


バナナシフォンケーキのレシピ


材料


17~21cmシフォン型1個分
・卵黄 3個分
・グラニュー糖 35g
・サラダ油 50g
・牛乳or豆乳 50g
・薄力粉 45g
・強力粉 40g
・ベーキングパウダー 2g(小さじ1/2)
・バナナ 1~2本
・レモン汁 5g
・卵白 4個分
・グラニュー糖 50g


今回は1本65gと、2本110gの2回焼いたので、それぞれの焼き時間を記しておきます。いつも17cmシフォン型で焼くと記事が余るので、21cmシフォン型でちょうどくらいだと思います。残った生地はカップなどに入れて焼けばいいので、どちらでも!


湯煎用のお湯(100℃)を用意する
・薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーはふるって使う
・オーブンは170℃に予熱する


シフォン型はアルミなどくっつく素材の型をご利用ください。シリコンやフッ素加工の型は逆さに冷ましている間に抜けてしまったり、焼き縮みの原因になります。


作り方


1. サラダ油は湯煎で60℃に、牛乳or豆乳は鍋に入れて火にかけて沸騰直前まで温める
2. バナナはフォークなどで潰してレモン汁を混ぜておく
3. ボウルに卵黄を溶き、グラニュー糖35gを入れて白っぽくなるまでしっかりすり混ぜる
4. 2に混ぜながらサラダ油を入れて乳化させる
5. 同様に混ぜながら牛乳or豆乳を加えて乳化させる
6. 薄力粉・強力粉・ベーキングパウダーをふるい入れ、粘りが出るまでしっかりと混ぜる
7. バナナを加えて一様に混ぜる

f:id:ikashiya:20170330001126j:plain

f:id:ikashiya:20170330001127j:plain

f:id:ikashiya:20170330001128j:plain


バナナはレモン汁を混ぜて褐変を防ぎます。作業は終始泡立て器で!生地が熱いうちに粉類を加えて良く混ぜることで、グルテンが生成して生地に粘りが出ます。押して戻ってくる弾力のあるシフォンケーキを作るのに必須な工程ですので、ぐるぐる混ぜちゃってください!


8. 卵白を少し泡だて、グラニュー糖50gを3回に分けて加え、その都度ツヤが出るまで混ぜて、8分立てのメレンゲを作る
9. はじめは高速で、7分立てから低速に落としてキメを丁寧に整える
10. 7にメレンゲを3回に分けて加えて混ぜていく
11. 泡立て器を上下前後に動かしながら別の持ち手でボウルをまわし、ワイヤーで切るように混ぜ、混ざりきらないうちに次のメレンゲを入れる
12. 3回目があらかた混ざったらヘラに持ち替え、混ざりきっていない底を救うようにさっくりと切るように混ぜ合わせる
13. シフォン型に流し入れて竹串でぐるぐると数周混ぜる

f:id:ikashiya:20170330001129j:plain

f:id:ikashiya:20170330001131j:plain

f:id:ikashiya:20170330001132j:plain


メレンゲは先端が少しおじぎするくらいで大丈夫です。低速で上下に動かしながらゆっくりと円をかくように撹拌してあげると、キメが整えられて焼いた時に生地の目が細やかになるとともに、大きな穴が悪のを防げます。ここもメレンゲの最後を混ぜるまで泡立て器で!最後にヘラに持ち替えて、混ぜきれない部分を混ぜていきます。


比重(100mlあたりのグラム数)は、僕は焼いた時は1本→49.5g/100ml、51.5g/100mlでしたので、この辺に留めてもらうと失敗しないと思います。比重のはかり方は100mlのカップに生地を入れて重さをはかるか、お使いのコップなどに水をいっぱいまで入れて重さをはかり、容量を把握した上で生地を入れて重さをはかり、100mlあたりの重さを求めてあげます。どのくらいまで混ぜればいいかわからないという方は一度試してみてください!


乳化不足は底上げ、焼き縮みの原因となりますので、しっかり乳化してあげてください。卵白の混ぜ不足も生地に大きなな穴が空く原因になります。ボウルに残った死に生地も一様に混ぜるため、最後に竹串で混ぜてあげます。卵白のキメをしっかり整えてあげると結構大丈夫ですが、大きな気泡が残っている感じなら型の真ん中とふちを持って数回トントンしてあげてください。あまりやりすぎると底取れの型の間から空気が入って底上げの原因にもなりますので、手で押さえてひかえめにするといいと思います。


14. 170℃に予熱したオーブンで、バナナ1本だと38分、2本なら40分焼く
15. 焼きあがったらすぐに逆さにして冷まし、冷めてから型からはずしてお召し上がりください!

f:id:ikashiya:20170330001133j:plain

f:id:ikashiya:20170330001134j:plain

f:id:ikashiya:20170330001135j:plain

f:id:ikashiya:20170330001137j:plain


バナナが入って比重が重いので、焼き時間は少し長めです。お使いのオーブンによって個差はあると思いますが、おおむねこの辺で、一度最大限まで膨らんだのが少し縮んだあたりが焼きあがりです。オーブンは小さいものだと天板なしでOKです。高さがあるなら普通に下段でも大丈夫ですが、双方焦げそうなら途中でアルミホイルをかぶせてあげてください。


生地の型への張り付きと、重力で縮みを防ぎますので逆さにして冷まします。はずし方はナイフを使うタイプでも手はずしでも。手はずしの方法はこちら!



グルテンをしっかりと出した、押したら戻ってくる弾力のある、それでいてしっとりふわふわのしっかり食感のあるシフォンケーキです。安定のバナナ味で、おやつに飲み物とご一緒にいかがでしょうか。ぜひ作ってみて下さい!



他のシフォンケーキはこちら!

  1. 爽やかなティータイムに!レモンのシフォンケーキのレシピ! - 生かし屋さん。
  2. 押して戻ってくるふんわりチョコシフォンケーキのレシピ! - 生かし屋さん。


他のバナナのスイーツはこちら!

  1. パイシートで作る簡単バナナパイのレシピ! - 生かし屋さん。
  2. 安心のこの味!バナナスコーンのレシピ! - 生かし屋さん。
  3. しっとり甘い!いつも作るバナナケーキのレシピ! - 生かし屋さん。