牛薄切り肉でつくるラグーパスタのレシピ


スポンサーリンク

赤城牛の薄切り肉を頂いたので、ラグーパスタにしました。ラグーとは煮込み料理のことで、狭義ではすなわちミートソースです。香味野菜たっぷり、ソフリットで美味しいラグーソースを作っていきます。動画も撮ったのでぜひご覧ください~。


f:id:ikashiya:20170524000120j:plain



Pasta al ragù 牛薄切り肉でつくるビーフラグーパスタ


材料


・牛薄切り肉 200g
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく 2片
・玉ねぎ 1個半
・にんじん 1本
・セロリ 1/2本
・オリーブオイル 大さじ4
・酒 大さじ2
・ホールトマト缶 1缶400g
・ローリエ 2枚
・コンソメキューブ 1個(5.3g)
・塩 適量(ふたつまみ~)
・パスタ 100g(フェットチーネ、タリアテッレ、パッパルデッレ、リガトーニなど)
・パルミジャーノ・レッジャーノ たっぷり
・タイム(フレッシュ) 1本


カットトマト缶ではなく、旨味が強く煮込みに向いているホールトマト缶(長細いトマトがパッケージに書いてあるもの)をお使いください。パスタは太めが合います。なければ1.6~1.7mmの普通のスパゲッティーニでもOKです。パルミジャーノ・レッジャーノは粉チーズ、タイムは乾燥でも代用できます。



作り方


1. 牛薄切り肉を細かめにカットする
2. オリーブオイルで色がつくまで炒め、取り出しておく
3. にんにく・玉ねぎ・にんじん・セロリをみじん切りにする
4. 同じ鍋(肉汁はそのまま)ににんにく・玉ねぎ・塩少々(分量外)・オリーブオイルを入れて弱めの中火にかける
5. 玉ねぎが透き通って甘い匂いがしてきたら、にんじん・セロリ・塩少々(分量外)を入れて5分ほど炒める

f:id:ikashiya:20170524000108j:plain

f:id:ikashiya:20170524000110j:plain


牛肉はあまり触らずに焼き目をつけることで香ばしさがプラスされます。塩を少々振ることで水分が出て、それを飛ばすことでうまみが凝縮されます。


6. 酒を加えてアルコールを飛ばす
7. ホールトマト缶をつぶし、ヘタなどがあれば取り除く
8. つぶしたホールトマト缶、炒めておいた牛肉を入れ、コンソメキューブ・ローリエを入れてひと混ぜする
9. とろ火~弱火に落として、煮詰まりすぎて焦げないように注意しながら40分煮込む
10. 塩で味を調整してラグーソースは完成

f:id:ikashiya:20170524000111j:plain

f:id:ikashiya:20170524000112j:plain


煮詰まりそうな場合は少し水を加えてあげてください。


11. 人数分のパスタを茹でる
12. 人数分のソース(1人分=お玉1杯半くらい)をフライパンに入れて温める
13. パスタは表示茹で時間の1~2分前にあげて、水切りせずにソースに移す
14. ソースと絡めながらちょうどよいかたさに仕上げる
15. 皿に盛り、パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりかけ、タイムをのせて完成!

f:id:ikashiya:20170524000115j:plain

f:id:ikashiya:20170524000114j:plain

f:id:ikashiya:20170524000116j:plain


ミートソースのコツなどはこちらに記しております。少しだけ詳しく理由付けを読みたい!という方はどうぞ。


www.ikashiya.com


旨みたっぷり、野菜の甘味もでた味わい深いソースになっています。


f:id:ikashiya:20170524000127j:plain

f:id:ikashiya:20170524000122j:plain


たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノと、さわやかなタイムがめちゃくちゃマッチするのでぜひ合わせてお召し上がりください。牛薄切りを使った、いつもと少しテイストが違うミートソース、もといラグーパスタ。ぜひ作ってください!


1人前生クリーム50g程度を合わせてクリームミートソースにすれば、また少し違った味わいになります。


f:id:ikashiya:20170524011150j:plain


あまったラグーソースはピザに使ったりできるので、また別で記事にしようと思っています。気になった方はチェックしてみてくださいね。