短い発酵時間でお手軽なピザ生地のレシピ


スポンサーリンク

実家があまりジャンクなものを食べない家庭だったので、宅配ピザって食べたことがなかったりします。割高ですしね~。料理が趣味なこともあって一人暮らしをはじめてからは自分でちょくちょく作ってはピザ欲を満たしています。今回はそんなピザのレシピを記そうと思います。ちゃんと作るときは低温でゆっくり発酵させますが、「今日のお昼に食べたい!」というときは30分の発酵のみで作れるお手軽なピザ生地で作ります。


f:id:ikashiya:20170526000621j:plain


材料


直径25~30cm1枚分
・強力粉 100g
・塩 1g
・ドライイースト 1.5g
・ぬるま湯 60g
・オリーブオイル 4g


ドライイーストは1.5gとしていますが、0.1g単位のデジタルスケールをお持ちでない方は小さじ半分を目安にしてください。また1gをはかって、気持ち多めにプラスしてもOKです。2枚で作ると分かりやすいですかね~。


作り方


1. ボウルに材料をすべて入れてヘラで混ぜる
2. ひとまとめになったら手で3~5分ほどこねる
3. 丸めてボウルに入れてラップをし、35℃で30分または常温で1時間1次発酵
4. 1.5倍ほどになったら1次発酵完了、ガス抜きをしてめん棒でのばす
5. 手で生地の重みを利用してのばしていってもOK

f:id:ikashiya:20170526000615j:plain

f:id:ikashiya:20170526000616j:plain


生地は薄ければカリッと、厚ければふわっとパンっぽさがでます。ふちを厚くしたり、お好みでのばしてください。個人的には薄めがおすすめです。


6. オーブンの上段に天板を入れたまま250℃に予熱する
7. オーブン用シートにのばした生地をのせ、ソースやチーズ、具材をトッピングする
8. 滑り入れやすいもの(ケーキクーラーやダンボールなど)にのせて待機
9. オーブンの予熱が完了してから5分経ってから、素早く天板の上に滑り入れる
10. 250℃で10分程度、ふちに焼き色がついたら焼き上がり

f:id:ikashiya:20170526000617j:plain

f:id:ikashiya:20170526000619j:plain

f:id:ikashiya:20170526000620j:plain


天板ごと予熱して熱くしておくことで、底がカリッと焼きあがります。なので滑り入れやすいようにケーキクーラーなどにのせて、オーブンの温度が下がらないように素早く入れます。焼き時間は250℃上段で10分強くらいが目安です。下段だと20分ほどかかりますかね。


今回はこちらのラグーソースを使ってピザを焼きました。


牛薄切り肉でつくるラグーパスタのレシピ - 生かし屋さん。

・ラグーソース まんべんなく広げる
・ミックスチーズ たっぷり散らす
・タイム(フレッシュ) 数本 
・オリーブオイル ふたまわし


これ、めっちゃ美味しいのでぜひ作ってみてください。バジルが一般的ですが(マルゲリータは近く記事にします)、タイム+お肉が入ったトマトソースの組み合わせも抜群に美味です。


トマトソースが余った時など、ご飯の1時間ほど前にちょちょっとこねて置いておけば、あとはトッピングしてオーブンに放り込むだけなので、実はすごくお手軽です。お好きな具をのせて、ぜひ。