とろける抹茶とホワイトチョコの生チョコのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。バレンタイン記事ラッシュ、今回は抹茶とホワイトチョコの生チョコのレシピです。とろける食感で、うまく作るコツなども書いているのでぜひ!


抹茶とホワイトチョコの生チョコ


材料


・ホワイトチョコレート 100g
・水あめ 8g
・抹茶パウダー 7g
・生クリーム 70g
・バター 12g


一般的なレシピよりは生クリームが多めかなと思います。チョコ:生クリーム=2:1!以上!ってのも手軽にできていいですが、水あめやバターを入れてワンランク上の生チョコを作ってみませんか?


分量はお手軽に、よくある18cmのパウンド型で作れるようになっています。


抹茶パウダーは「京都宇治抹茶パウダー 舞」というのが、香りもすごくて色も鮮やかでおすすめです。



取り出しやすいようにオーブン用シートを敷きます。敷き方は「パウンド型:オーブン用シートのきれいな敷き方」をどうぞ。


作り方


1. ボウルにホワイトチョコ100g・水あめ8g・抹茶パウダー7gを入れて湯煎で溶かし混ぜる
2. 鍋に生クリーム70gを入れて50℃まで温める
3. 1の溶かしたホワイトチョコに2の温めた生クリームを加えて泡立て器でゆっくり混ぜて乳化(一体化)させる
4. 温かいうちに常温に戻したバターを入れて溶かし混ぜ、乳化させる
ボウルに抹茶・ホワイトチョコ・水あめを入れた様子温めた生クリームと合わせた様子
常温にもどしたバターを加えた様子
5. ハンドブレンダーにかけて完全に乳化させる
6. オーブン用シートを敷いた型に流し入れる
7. 冷蔵庫で半日以上しっかり冷やしかためる
8. 温めたナイフでカットしてお召し上がりください
ハンドブレンダーで完全に乳化させる様子オーブン用シートを敷いたパウンド型に流した様子
抹茶とホワイトチョコの生チョコ2


生チョコで重要なのはやっぱり乳化。乳化とは簡単にいうと水分と油が混ざり合った状態のことです。チョコレートのカカオバター、生クリームの水分・油分、バターの油分、水分等々がちゃんと混ざりあった状態であってこそ、なめらかな口溶けになります。


カカオバターは熱しすぎると変質するので、60℃以下でホワイトチョコを溶かし、抹茶をしっかり混ぜ込みます。抹茶パウダーがさらさらじゃなかったらふるったほうがいいですね。そしてこれまた温めた生クリームと合わせて乳化させ、バターを溶かしまぜて乳化させます。


最後はハンドブレンダーに頼って、完全に乳化すれば完成です。


抹茶とホワイトチョコの生チョコ3


常温でさましてそのまま食べてもとろ~りでめっちゃ美味なんですが、かなり柔らかい配合なのでカットするなら冷やす必要があります。それでも、とろ~りすぎて扱いにくいですけれどね(笑)。


切る時、ナイフをお湯であたためて水分を拭き取ってから切ると、すっと切れます。仕上げは抹茶パウダーをかけてもいいですし、お手軽に粉糖でも。またココアパウダーをかけても美味しいですよ~。何ティーキッスのさらにとろっとした感じになります(笑)。


抹茶とホワイトチョコの生チョコ4


簡単でポイントを押さえるとめちゃくちゃ美味しく作れますので、ぜひ作ってみてください!


コーヒー生チョコのレシピはこちら!配合的には似た感じですが、こちらはかたまりやすいため、冷やすとまた違う食感が楽しめます。