パウンド型:オーブン用シートのきれいな敷き方


スポンサーリンク

パウンドケーキのレシピでオーブン用シートの敷き方の説明を委ねるための記事です(笑)。オーブン用シート・・・いわばクッキングシートですね。パウンド型用の型紙も売っていますが、オーブン用シートを自分で切ったほうが経済的です。それでは、画像を交えて記していきます!


1. パウンド型の底の短辺+高さ×2より少し大きめに、オーブン用シートを切る


f:id:ikashiya:20170216000358j:plain


実際にパウンド型に当てて、高さが少し高めになるように、切り離します。


2. 内寸に合うように折り目をつける


f:id:ikashiya:20170216000359j:plain


内寸にぴっりり合うように、パウンド型の外側より少しだけ小さめに折り目をつけます。まず長辺から折り目をつけ、続いて短辺に折り目をつけます。パウンド型に合わせてみて、少し余白があるように作りますが、あまりにはみ出している部分は切ります。


3. 切り込みを入れる


f:id:ikashiya:20170216000400j:plain


折り目に沿って、長辺と直角に4箇所切れ込みを入れます。


4. パウンド型にセットする


f:id:ikashiya:20170216000401j:plain

f:id:ikashiya:20170216000402j:plain


正方形に近い形になっているほうが外側になるように折って、パウンド型にセットします。高さは、型から少しオーブン用シートがはみ出している状態が理想です。パウンドケーキは焼いたら膨らみますからね。これが高すぎると中の状態が確認しづらくなったり、オーブンの上に当たってしまいます。


f:id:ikashiya:20170216000404j:plain


上から見るとこんな感じ。コツは内寸とピッタリ合うように、多少余裕を持って折り目をつけることです。底をオーブン用シートに当てながら、気持ち内側に折り目をつけます。ここさえきちんとしておけば、後は手順を踏むだけできれいに敷けます。


この敷き方は生地を流しても安定しやすく、スタンダードな方法です。オーブン用シートが垂れたり、型から離れていたりすると、焼き上がりにも影響します。生地はできがってから刻一刻と変化しますので、あらかじめきれいに敷いておき、スピーディに焼成に入りたいですね。うまく敷けないという方は参考にしてみて下さい!