鶏の「せせり」の美味しい焼き方と3種類の食べ方・レシピをご紹介



スポンサーリンク

こんにちは、生かし屋(@sakihirocl)です。鶏の部位で一番好きなのは?と聞かれれば「せせり」と答えます。せせりは鶏の首の筋肉で、1羽から少量しか取れない希少な部位です。もも肉より脂肪が多いにもかかわらず、弾力のある食感が美味しいんですよね~。祖母が鶏をおろす仕事をしていたので、小さい頃からよく食べたものです。


今回はそんな鶏の「せせり」の美味しい焼き方と3種類の食べ方・レシピをご紹介しようと思います。


f:id:ikashiya:20171025232502j:plain


せせりの美味しい焼き方


オーブンでカリッカリに焼いたのも香ばしくって美味しいのですが、個人的には柔らかく弾力がより味わえるほうが好きです。なので焼くときは、短時間でかたくならないように焼きます。


f:id:ikashiya:20171025232457j:plain

f:id:ikashiya:20171025232458j:plain


下味としてせせりには塩を少々ふっておきます。フライパンを火にかけてせせりを並べ、お酒を少しふって蓋をし、片面1分ほどで返して火が入りすぎないように焼きます。生はNGなので確認したい場合は太い部分を切ってみてください。せせりはそれほど厚くないので火加減は弱火~中火でかまいませんが、弱火が失敗しづらいと思います。側面が白くなってきたら裏返します。


せせりの美味しい食べ方


ネギ塩ソース


・せせりを焼いたあとの肉汁
・白ねぎのみじん切り
・塩


せせりの量で変わってくるので具体的な分量は省きます。せせりを焼いたあとの肉汁(少なければ水を足す)にみじん切りにした白ねぎを加えて加熱し、ねぎに火が通ったら塩で味を調えればネギ塩ソースの完成です。


f:id:ikashiya:20171025232459j:plain


大根おろしポン酢


・大根おろし
・ポン酢
・万能ねぎ


こちらはシンプルですね。柔らかく焼いたせせりに大根おろしをのせて、ポン酢を垂らせば出来上がりです。脂肪が多いせせりですから、こうしてさっぱり食べるのもいいですね~。


f:id:ikashiya:20171025232501j:plain


甘辛ソース


・醤油 3
・みりん 3
・砂糖 1
・万能ねぎ


少量なら醤油みりん大さじ1ずつ、砂糖小さじ1ですね。調味料を合わせて火にかけ、煮詰まってとろみがでてきたら焼いたせせりに絡めます。煮詰まってから入れないと、せっかく柔らかく焼いたせせりがかたくなるのでご注意を。生のせせりを入れてソースと絡めながら加熱してもいいですよ~。ご飯がすすむ味です。


f:id:ikashiya:20171025232500j:plain


さいごに


鶏の「せせり」の美味しい焼き方と3種類の食べ方・レシピのご紹介でした。他にも酸味の効いたソースやピリ辛なソースなど、色々模索できそうです。小さい頃よく食べていたのはなんと市販の「焼肉のタレ」。これも美味しいんですよね~(笑)。


あまり食べたことがない方へ。せせりは希少な部位ですが、スーパーによっては見かけると思いますので、ぜひ買って食べてみてください!