型なしで焼ける、いちごのパンビー(パン・コンプレ)のレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、生かし屋(@sakihirocl)です。だんだんとクリスマスが近づいてきました。僕はもう生クリームと苺が主食になっています(笑)。


今回は少ない材料で、型を持っていなくても焼けるいちごのパンビー(パン・コンプレ)というお菓子のレシピを記そうと思います。思い立ったらすぐ簡単に出来て、ご家庭の手造りクリスマスケーキにも使えると思います。動画も撮りましたのでぜひご覧になって作ってみてください!


いちごのパンビー


型なしで焼けるケーキ いちごのパンビーの作り方


材料


・卵黄 2個分(37g)
・グラニュー糖(卵黄用) 20g
・卵白 2個分(80g)
・グラニュー糖(卵白用) 40g
・薄力粉 35g
・コーンスターチ 10g

・生クリーム 100g
・グラニュー糖(生クリーム用) 8g

・いちご 1パック弱(10個ほど)
・ミント お好みで


コーンスターチは生地を安定させるために入れています。コーンスターチを入れると薄力粉だけに比べてグルテンが少なくなるので、ふんわり仕上がるのです。どうしてもない場合は薄力粉にしてもかまいませんが、食感は重くなりますので出来れば入れてください。



作り方


1. ボウルに卵黄2個分を溶き、グラニュー糖20gを入れてすり混ぜる
2. 別のボウルに卵白2個分を入れてハンドミキサーで泡立てる
3. 泡立って白くなってきたらグラニュー糖40gを2回に分けて加え、その都度ツヤが出るまで混ぜ込む
4. 角が立つまで泡立てたら、低速にしてキメを整える
5. きめ細やかでツヤのあるメレンゲにする

いちごのパンビー工程1

6. 5のメレンゲに1の卵黄を加え、ヘラで切るようにさっくり混ぜ合わせる
7. 混ざったら薄力粉35g・コーンスターチ10gをふるい入れ、ヘラで切るようにさっくり混ぜる
8. 粉っぽさがなくなってなめらかな生地になればOK
9. オーブン用シートを敷いた天板の上に生地をこんもり垂らす
10. ヘラで生地を盛り上げながら、ドーム型にする
11. 全体的に粉砂糖を2回ふるう
12. 180℃に予熱したオーブンで20分焼く→冷ましておく

いちごのパンビー工程2いちごのパンビー工程3
いちごのパンビー工程4いちごのパンビー工程5
いちごのパンビー工程6いちごのパンビー工程7


13. ボウルに生クリーム100g・グラニュー糖7gを入れて泡立てる
14. 角が立つか立たないかくらいの7~8分立てにする
15. 冷ましたパンビーをパン切り包丁で半分にスライスし、下の生地に薄く生クリームを塗る
16. その上にカットしたいちごを好きなだけのせ、隙間を埋めるように上から残りの生クリームを塗る
17. 上の生地ではさみ、粉砂糖をふるったりデコレーションして出来上がり

いちごのパンビー工程8いちごのパンビー工程9
いちごのパンビー2
いちごのパンビー3


ポイントはしっかりしたメレンゲを作ることです。しっかり角が立つまで泡立て、キメを整えます。こうすると焼いた生地もキメが細かく大きな気泡が入ることもありません。


型無しなので生地はこんもりと盛り上げて、粉糖をふるって焼きます。粉砂糖をふるってからナイフで模様をつけることもできます。焼けて冷めたら生クリームといちごを挟むだけです。より手間をかけるなら生クリームだけでなく、カスタードもはさむと美味しいですよ~。カスタードはこちらをご参照ください。



このビスキュイを型なしで焼いてクリームを挟んだお菓子はパンビー、またはパン・コンプレと呼ばれます。パン・コンプレはメロンパンのように模様をつけて、プラリネが入ったクリームを挟んだものが有名ですね。このパンビーはよくフランスの家庭では昔から親しまれてきたと紹介されるんですが、たぶん違います(笑)。


いちごのパンビー4いちごのパンビー5


少ない材料で型無しで焼けて工程もシンプルなので、普段お菓子を作らない方でもトライしやすいと思います。クリスマスやお誕生日に、手軽に作れるケーキはいかがですか?とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!