チョコラングドシャサンドのレシピ



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。今回は先日のラングドシャサンドのチョコバージョン、チョコラングドシャサンドのレシピです!


チョコラングドシャサンド


材料


比率表記
・バター 100%
・粉砂糖orグラニュー糖 100%
・卵白 100%
・薄力粉 90%
・アーモンドパウダー 25%
・ココアパウダー 10%

・チョコレート 100%
・生クリーム 50%
・水飴 5%

今回の分量
・バター 70g
・粉砂糖 70g
・卵白 70g
・薄力粉 63g
・アーモンドパウダー 17g
・ココアパウダー 7g

・チョコレート 50g
・生クリーム 25g
・水飴 3g


余った卵白が活用出来るよう、%でそれぞれの比率を表記しています。卵白の量をはじめに計量し、それにあわせて他の分量を決めていきます!

ちなみに卵1個分の卵白=30g強で、天板1枚分、ラングドシャプレートなら2枚分くらいです。


プレーンは↓

サクッと美味しいラングドシャサンドのレシピ - 生かし屋さん。


砂糖は出来れば粉糖を使ったほうがサクッと軽い食感になります。なければグラニュー糖でも出来ますが、歯ざわりが多少重くなります。それはそれで美味しいので、お好みで!



バターをレンジで柔らかくする場合は、溶かさないように低いワット数で少しずつ加熱してください!


作り方


1. 【ラングドシャ】ボウルに柔らかくしたバター70gを入れてヘラでなめらかになるまでほぐす
2. 粉砂糖70gをふるい入れ、ヘラですり混ぜ、卵白70gを少しずつ加えて混ぜる
3. 一体化したら薄力粉63g・アーモンドパウダー17g・ココアパウダー3gをふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜる
4. 絞り袋に入れて2mmほどの厚さになるよう絞り広げる(ラングドシャ用のプレートがあればすり込みすり切る)
5. 170℃に予熱したオーブンで10~11分(大きさによる)を目安に、縁が色づくまで焼いて冷ましておく
卵白とバターを混ぜる様子粉類をふるい入れた様子
生地の粉っぽさがなくなった様子ラングドシャプレートに生地をすり切った様子
焼く前焼き上がり
6. 【ガナッシュ】チョコレート50g・生クリーム25g・水飴2gを合わせて60℃ほどの湯煎にかける
7. 混ぜながら溶かし、全体が溶け切ったら湯煎から外し、冷めるまで放置する
8. 冷めてある程度かたくなったら、絞り袋に詰めてペアにしたラングドシャの片方にのせ、挟んで出来上がり
ガナッシュを作った様子チョコラングドシャにガナッシュを絞った様子
チョコラングドシャサンド


終始ヘラで大丈夫です。少しずつ加えて、分離しないように徐々に混ぜていきます。粉類を加えたら練らないようにさっくり混ぜます!


ラングドシャプレートを使わない場合はなるべく均一に、薄めに絞るといい感じです。厚くなりすぎるとサクッとというより、しゃくっとな食感になります。それはそれで美味しいですけどね。

ラングドシャプレートを使っても、すり切りが結構難しいんですよね~、今回もプレーンに比べて大分ボコボコになっちゃいました(笑)。


ガナッシュは冷めてある程度かたくなるまで放っておいて、いい感じのかたさになったら絞ってはさみます。冷蔵庫に入れておいてもいいですが、完全にかたまると絞れないのでほどほどで。

ホワイトチョコよりかたまりやすいので、少し置けばいい感じです。ビニール袋に入れて口をしばり、先端を切って簡易絞り袋にするとお手軽です!


チョコラングドシャサンドを上から見た様子
チョコラングドシャサンドを手に持った様子


余りがちな卵白を活用しつつ、あのラングドシャのサクッと感が手作りで味わえます。ガナッシュも多めに挟めるのも手作りの特権。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!