フライパンで作るカリカリモチモチなピザのレシピ(マルゲリータ)



スポンサーリンク

こんにちは、嵜山拓史(さきやまひろし)(@sakihirocl)です。今回はフライパンで作るカリモチなピザのレシピ


フライパンで作るカリモチなピザ(マルゲリータ)のアップ


動画でもどうぞ~↓

↑チャンネル登録よろしくお願いします!


材料


・強力粉 250g
・塩 8g
・砂糖 4g
・インスタントドライイースト 1.5g
・水 157g
・オリーブオイル 7g

・トマトソース 適量
・モッツァレラチーズ 1枚あたり30~50gくらい
・バジル 適量
・オリーブオイル 適量


ピザ生地は小さめのフライパンで3枚分。大きいフライパンだと2枚分。

トマトソースは↓をご参照ください。


【基本のお料理】万能おいしいトマトソースのレシピ・作り方【簡単】 - 生かし屋さん。


作り方


1. 【ピザ生地】ボウルに強力粉250g・塩8g・砂糖4g・インスタントドライイースト1.5gを混ぜる
2. 水157gを加えてヘラで混ぜ、粉っぽさがなくなってきたらオリーブオイル7gも加えて混ぜる
3. 粉っぽさがなくなったら取り出し、しっかりグルテン膜がでるまでこねる
4. 3分割して丸め、ボウルなどに入れてラップをし、冷蔵庫で12時間~2日、常温なら数時間発酵させる(1.5~2倍に膨らめばOK)
5. 【ピザ焼成】ガスが抜けないように生地を取り出し、打ち粉をして左右にのばす→少し角度を変えて左右にのばすをくりかえして広げる
6. フライパンを油をひいて200℃程度に熱し、弱めの中火にしたところに生地を広げたままいれる
7. トマトソースを塗ってモッツァレラをちらし、バジル(後のせでもOK)をのせオリーブオイルをかける(お好み)
8. 蓋をして弱火にして10分焼き、蓋をとって火を消しバーナーで表面に焼き目をつける(バーナーの取り扱いには注意)
9. 後のせの場合はバジルをのせたり、オリーブオイルをかけたりして出来上がり
丸めてピザ生地を発酵させた様子広げてフライパンに入れた様子
トマトソース・モッツァレラをのせた様子焼いて仕上げにバーナーで炙った様子
フライパンで作るカリモチなピザ(マルゲリータ)
フライパンで作るカリモチなピザ(マルゲリータ)をお皿に移した様子


こねはホームベーカリーとかを使ってもOK。グルテン膜が出るまでこねるのは、慣れてないと結構しんどいので大体15分くらいこねれば諦めても大丈夫です。

発酵は2次発酵までやったり、イーストの種類を変えたり、時間やイーストの量を変えるとまた面白いです。2次発酵までやる場合は常温で1次発酵→40分くらいして1.5~2倍に膨らんだら冷蔵庫で1日発酵が目安。


のばし方も色々ありますがまな板の上でものばせる方法として左右にのばしていくのがおすすめ。まな板の上でぐるぐるやっちゃうとまな板ごと回ります(笑)。

あらかじめトッピングしておくと、下にくっついちゃうのでフライパンの上でトッピングします。なので材料を全て用意してから焼きあ始めます。


フライパンで作るカリモチなピザ(マルゲリータ)を上から見た様子


フライパンはあれば鉄のフライパンが蓄熱性が良くて美味しく焼けます。なければテフロン。油をひいて、鉄のフライパンは200℃くらい、テフロンは170℃くらいに温めてから生地をのせるとちょうどいいくらい。鉄だと10分で焼けますが、テフロンだと11~12分くらいかかるかもです。


フライパンだけだと蒸し焼きなので香ばしさを足すべくガスバーナーで炙っていきます。ガス周りは特に、バーナーの取り扱いにご注意の上行ってください。


色々試した結果、家庭でピザを作るにはフライパンが一番安定するなという結論になりました。プロだと400℃とかで焼くのに対して、家庭だと高くても300℃や250℃が多く、中途半端な温度で焼くと時間もかかって水分が飛んじゃいます。

そこでフライパンで蒸し焼きにしてバーナーで焼き目をつけることで底はカリカリ、耳はもちもちふわふわの違い焼き上がりになります。こねるのが少し大変なのは変わらないですが、とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!